費用をかけずにMacでWindowsアプリ「轍 Wadachi」を使う方法①

スポンサーリンク

「轍 Wadachi」は、GoogleMapなどにGPSログや、GPSログにリンクさせた写真を表示させるWindows用のフリーソフトで、自転車乗りだったSORAさんが独自に開発されたものだ。
GPSログや写真を表示させるアプリは、有料・無料問わずいくつか市販されているが、自分としては「轍 Wadachi」が使いやすく、やりたかったことも簡単に実現できるので、一番いいアプリと思っていた。しかもフリーということもあって、「24インチ自転車旅」の記録を残すために使っていた時期もあった。
ただ、自分はMac使いなので、だんだん使わなくなっていた。Windows用ということだけが難点だった。
そんなこともあって、ブログ中の「24インチ自転車旅」でのルート表示や、事前のコースチェックには「ルートラボ」を使っているが、2020年3月末をもってこのサービスが終了になる。
そこで、「ルートラボ」の代替も兼ねてWindows用の「轍 Wadachi」がMacOSで使えないか試してみることにした。
ちなみに自分のMacOSのバージョンは、10.11.6のEl Capitanである。

スポンサーリンク

PlayOnMac

Mac上で、Windowsアプリを使う一番簡単な方法は、「Parallels Desktop」や「VMware Fusion」などの仮想PCソフトを使ったり、「Boot Camp」を使ってWindows環境を構築することだ。
ただし、この方法だと仮想PCソフトやWindowsOSのライセンスを購入する必要があり、一つのWindowsアプリを使うために、そこまで費用をかけたくない。
そこで、Windows用のAPI(Application Programming Interface)をMacOSに実装してWindows用アプリを実行する「Wine」ベースのソフトを使うことにした。
「Wine」ベースのソフトもいくつか出ているが、フリーソフトで現在も改良(バージョンアップ)が続いている「PlayOnMac」を使うことにした。
いろいろ試した結果、使えそうになったので、今日はその方法を書き留めておきたいと思う。この方法だと費用は全くかからない。
なお、「轍 Wadachi」の使用に関しては、公式サイトで動作環境やマニュアルを確認してください。
Windows以外での動作は保証されていませんので、Macでの使用は自己責任でお願いします。
「PlayOnMac」は、こちらからダウンロードする。最新バージョンは4.3.4。
「轍 Wadachi」は、こちらからダウンロードする。最新バージョンは4.21。
これでインストールの準備はOK。長くなったので続きは次回に。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする