セミリタイアから実質2年、プレミアム商品券を購入する

スポンサーリンク

昨日の2019年10月25日で、セミリタイア突入から実質2年がたった。

実質というのは、会社を退職したのは2017年12月31日だが、有休消化のため2017年10月25日から休みに入ったためだ。

特に思うことはなく、実際のところ、そのことすら忘れそうだった。

今日は、消費増税に伴う、プレミアム商品券のことについて書いておく。

スポンサーリンク

プレミアム商品券

プレミアム商品券は、住民税非課税の人も利用できるので、自分も該当することは知っていた。

そして、その通知と商品券の「購入引換券交付申請書」が7月に届いた。通知の中味を読むと、プレミアム商品券は5,000円分単位で最大25,000円分購入でき、購入額は5,000円分につき4,000円。25,000円分だと、20,000円で購入できる。

すなわち、この商品券で買い物をすると、現金より実質20%の割引になる。

キャッシュレス決済による5%や2%のポイント還元の比ではないし、しかも現金での還元。これを利用しない手はない。

ただ、この通知が届いた7月時点では、商品券が使える店舗が公表されていなかったので、それが公表されるまで申請は保留することにした。

消費増税が間近に迫った9月上旬、もう商品券が使える店舗は公表されているだろうと、自治体のウェブサイトをみてみるが、まだ掲載されていない。

そして9月20日頃に再度、確認してみると、ようやく利用できる店舗が掲載されていて、普段よく買い物に行く店舗は全て対象となっていた。というか、小売店ならどこも使えそうな感じだった。

すぐに、商品券の「購入引換券交付申請書」を送付した。

その後、予想はしたが、購入引換券はなかなか送付されてこない。申請書が殺到しているだろうことは容易に想像がつく。商品券は来年3月31日まで使えるので、焦ることもない。

そして、10月23日になってようやく引換券が届いた。商品券は5,000円(購入額4,000円)分単位で、最大5回に分けて引換ることができる。その商品券も1枚500円分になっていて、他の商品券同様、額面に満たない場合に利用するとお釣りは出ない。

商品券の引換場所は、郵便局か指定のスーパーだ。

早速、昨日、近くの郵便局で5,000円分の商品券を4,000円で購入して、1,000円分を買い物に使ってきた。

今後は、とりあえず、キャッシュレス決済によるポイント還元の対象になっていない店舗や、PayPayなど独自のポイント還元率が高いキャッシュレス決済を導入していない店舗で利用するつもりだ。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする