税金、社会保険料は電子マネーやクレジットカードで納付できるのか?

スポンサーリンク

前回のブログで書いたように、セミリタイア後の住民税の支払いを「普通徴収」にして電子マネーかクレジットカードで納付しようと思っている。
住民税に限らず、会社を退職してセミリタイアすると、これまで給与から天引きされていた税金や社会保険料を自分で支払う必要が出てくる。
今日は、税金や社会保険料を電子マネーやクレジットカードで納付できるか考える。
電子マネーはnanacoを考えている。nanacoは税金や社会保険料を支払える唯一の電子マネーだ。
税金や社会保険料の支払いでnanacoポイントはつかないが、クレジットカードでチャージするとクレジットカードのポイントがつく。
まず、所得税や復興特別所得税から。
これは、クレジットカードやコンビニでの納付が可能だ。
だが、クレジットカードでの納付は税額により決済手数料がかかるので、nanacoでコンビニ納付にする予定。
住民税は、前回のブログで書いたように自治体により異なるが、セミリタイア後に移住予定の自治体はクレジットカードやコンビニでの納付も可能だ。
だが、所得税と同様、クレジットカードでの納付は税額により決済手数料がかかるので、これもnanacoでコンビニ納付にする。
固定資産税・都市計画税も、所得税と同様なので、これもnanacoでコンビニ納付だ。

スポンサーリンク

社会保険料

健康保険については、まず健康保健組合の任意継続は口座振替のみ。
初回のみ「払込取扱票」による納付のようだが、コンビニで納付できるか不明なので、退職時に確認しようと思う。
国民健康保険は、セミリタイア後に移住予定の自治体では、口座振替もしくは現金での振込みだけだ。
それでも今後クレジットカードやコンビニでの納付ができるようになるかもしれないので、納付前にまた調べたいと思う。
国民年金は、クレジットカードやコンビニでの納付が可能だ。
ただし、2年前納の場合、口座振替だと割引額が15,640円に対し、クレジットカードやコンビニでの納付だと割引額が14,400円に減額されてしまう。
しかも、30万円を超える保険料は、コンビニで支払うことはできないので、2年前納の保険料379,560円はコンビニで支払えない。
口座振替とクレジットカードでの割引額の差額は1,240円だが、クレジットカードのポイント還元率が1%だと3,795円になるので、クレジットカードでの納付にしようと思う。
ただし、クレジットカードの中には、公共料金の支払いではポイントがつかないものもあるようだ。
事前に、自分の持っているカードでポイントがつくものを調べて納付したいと思う。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする