ついに「退職願」を出した

スポンサーリンク

退職理由」の続き。
退職理由を書きあげた翌日朝一に、退職願を封筒に入れて上司に提出した。
退職願はテンプレートが用意されていて、退職理由と退職後の連絡先、守秘義務を誓約するだけで記入する部分はさほど多くなかった。
ではあるが、テンプレートの上段には大きな文字で「退職願」と書かれているので会社の自席パソコンで堂々と書くのはかなりやりづらかった。
なにせ社内ではまだ公にはなっていないことなので、背後から覗き見されるのはマズイ。
そこで、メールソフトや他のアプリ画面を大きく開きながら、「退職願」のテンプレートではなく、テキストアプリでコッソリ「退職願の下書き」を書いた。
そのテキスト画面も出来るだけ小さくし、自分の体で背後からは見えにくい画面の中央下に持ってきて書いた。
それでも後ろが気になって仕方がなかった。
テキストアプリを使いながら退職理由の文言を決定した後は、退職願のテンプレートにコピペする。
退職願のテンプレートのダウンロードや、作成した退職願のプリントアウトは昼休みや定時間外に行った。
果たして、これで退職のことがバレなかったかどうかはわからない。
上司に提出後、上司がすぐに人事へ持って行くと思っていたが、提出してから5日後に退職願の入った封筒を見せて「持って行くよ」と言われた。
声を掛けられたのは、最後の確認のようだったが、どうやら上の部長が数日出張で不在だったため、人事に持って行くのが遅くなったようだ。
ともあれ、これでサラリーマン生活の “THE END” がほぼ確定した。

スポンサーリンク

退職前の異動の話し

一方、異動の話しのその後について。
新しい組織への異動内示に自分の名前はなかった。にもかかわらず、その組織の説明会の案内がメールで届いた。
案内は新しい組織で管理職の一人になる方からで、想像するに異動内示ではなく、事前に聞いていた人員に向けてメールを送信したのだろう。
自分は異動内示されていないので当然、出席するつもりはなかった。
が…続く。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする