プリンタの延命措置…そして寿命を迎える

スポンサーリンク

プリンタ、正確に言えばコピーとスキャナ機能もある複合機を騙し騙し使っていたが、ついに今月動かなくなった。使っていたプリンタはCA◯ONのMP960だ。
完全に起動しなくなる前も、何時頃かは不明だが、プリンタの電源を入れると大きな異音とともに、
「プリンタトラブルが発生しました」
というメッセージがプリンタの液晶画面に表示され、起動しないことが多かった。
マニュアルでエラーメッセージの対処方法を調べると、
「電源を切って電源プラグをコンセントから抜き、しばらくしてから電源を入れ直してください。それでも回復しない場合はお客様相談センターか修理受付窓口に修理を依頼してください」
というものでだった。
そこで、何度もコンセントを抜いてから時間を置き、再起動を繰り返していたが、なかなか起動せず、何十回と再起動を繰り返して起動するという有様だった。
修理も考えたが、メーカーのウェブサイトを調べると、プリンタの型がかなり古いため修理対象から外されていた。
そんな状況の中、一発でプリンタを起動できる条件を見つけた。
それはプリンタの電源プラグはコンセントにつないでおくということ。
プリンタの電源プラグは、各コンセントにスイッチが付いているテーブルタップにつないでいて、使い終わるとプリンタの電源だけでなく、コンセントのスイッチもOFFにしていた。
そのため、プリンタを使うときはコンセントのスイッチをONにしてからプリンタの電源を入れていたのだが、これだと上のようなエラーメッセージが出て、ほぼ100%起動しなかった。
しかし、コンセントのスイッチをONにして2〜3時間経ってからプリンターの電源を入れるとほぼ100%、1発で起動できた。
コンセントのスイッチをONにしてからプリンタの電源を入れるまでの時間が短いと起動しないことが多く、どの程度時間を空ければいいかはよくわからなかった。
コンセントのスイッチをずっとONにしておけば一番良いのだが、プリンタを使うことはあまりないので使い終わるといつもコンセントスイッチをOFFにしていた。

スポンサーリンク

ついに寿命

しかし何の拍子かわからないが、コンセントスイッチをONのままにしてプリンタの電源を入れても、起動はしないし、異音やエラーメッセージも発せなくなった。
もう完全に寿命だ。
新しいプリンタに買い換えようと思い、使っていたプリンタのマニュアル類を捨てようしていたら、購入当時の明細書がでてきた。
それによると購入したのは2006年10月15日(日)で、当時暮らしていた自宅近くの家電量販店で購入していた。
価格は42,000円で、同じ機能の今のプリンタと比べると結構な値段だ。
家電類が壊れたときは、まず、ふるさと納税の謝礼品で賄うことを考えていたので、プリンタが謝礼品の自治体を探した。
自治体はすぐに見つかったので、引越し後に届くタイミングで寄付することにした。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする