電気代の節約方法を考える(新電力編)

スポンサーリンク

電気代の節約方法を考える」の続きで、今日は新電力を考えてみる。
比較サイトが乱立しているが、今回は実際の使用量が入力可能な「価格.com」、「エネチェンジ」、「タイナビスイッチ」、「新電力比較サイト」というウェブサイトで、使用できる新電力と電気料金を調べてみた。
入力項目として、郵便番号と世帯数、在宅状況、過去の電気使用量などがある。
過去の電気使用量を調べると、セミリタイア前(引越し前)はだいたい150kWh〜250kWhで、セミリタイア後(引越し後)の11月も230kWhぐらいだった。
そこで11月の使用量を150kWhと250kWhの2パターンで、年間の電気料金を見積もってみた。
その結果、北海道電力(以下、北電)より節約できる新電力がたくさん出てきたが、節約できる額は北電のWeb割を適用しない場合との比較のようだ。
北電のWeb割は年間3,600円、これにポイントもあるので年間3,600円以上節約できないと新電力を選ぶメリットはない。
多くの比較サイトで、年間の節約額が3,600円以上で、額が一番大きかったのは「Looopでんき」だ。
節約額はサイトによりばらつきがあるが、150kWhで年間約4,500円、250kWhで年間約5,800円になる。
解約時の違約金もなく、2018/1/31までに「エネチェンジ」経由で申し込むとさらに2,000円のamazonギフト券がもらえる。

スポンサーリンク

他の新電力

価格.comでは「HTBエナジー」の節約額が一番大きく、150kWhで年間約9,000円にもなる。
価格.comが安い理由は、このサイト経由で「HTBエナジー」に申し込むと、amazonギフト券が6,000円分もらえる限定特典があるためだ。
限定特典を除いた実質の節約額は年間3,000円なので、価格.com以外で申し込むと北電のWeb割3,600円より節約額が低くなるのでメリットはない。
価格.com経由で申し込んでも契約期間が2年以上になってくなると、節約額は「Looopでんき」に逆転される。
また、1年以内に解約すると違約金2,160円がかかり、価格.com限定特典も適用されない。
この現状から考えると、最初の1年間は価格.com経由で「HTBエナジー」、1年以上たった後「HTBエナジー」を解約して、「Looopでんき」に乗り換えるのが一番の節約になるようだ。
ただ、1年後の手続きが面倒なので最初からエネチェンジ経由で「Looopでんき」でもいいような気がする。
今月の電気使用量を確認して、1月中にはどちらにするか決めたいと思う。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする