平成30−31年度の国民年金保険料、想定より少ないが今後は増える?

スポンサーリンク

1月に国民年金に加入し、その際、付加保険にも加入して、平成30−31年度の2年分をクレジットカードで前納する申請をしていた。
そして3月に入り、年金機構から平成30−31年度分の国民年金保険料の通知が届いた。
通知された保険料が想定通りか確認してみた。
想定値は、平成29−30年度の保険料をクレジットカードで2年前納した場合にしていた。クレジットカードによる前納は、現金による前納と同額の割引が適用され、リクルートカードだとポイントも還元される。
平成29−30年度の国民年金保険料は、平成29年度が月額16,490円、平成30年度が月額16,340円で、付加保険料は年度に関係なく月額400円だった。
これをクレジットカードで2年前納すると、国民年金保険料は379,560円(14,400円割引)、付加保険料は9,250円(350円割引)で、合計388,810円(14,750円割引)になり、これを想定値としていた。
ところが、今年通知された保険料は合計387,830円で、想定値より980円少なくなっている。

スポンサーリンク

平成31年度の国民年金保険料

少なくなっているので、特に問題はないのだが、一応その原因を探るため、保険料を調べてみた。
すると、平成30年度の国民年金保険料と平成30−31年度付加保険料は変わりないが、平成31年度の国民年金保険料が月額16,410円で、平成29年より80円減っている。
このため、平成30−31年度分をクレジットカードで2年前納すると、国民年金保険料は378,580円(14,420円割引)、付加保険料は9,250円(350円割引)で、合計は通知の通り387,830円(14,770円割引)になる。
今年度の2年前納の国民年金保険料は昨年度より減ってはいるが、平成31年度の保険料は、平成30年度より70円の増加に転じている。
今後も増加していくと考えておいたほうがいいだろう。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする