引越し費用の見積もり交渉 ②

スポンサーリンク

前回の続き。
3番手はAT社で、以下が主な問答。
・¥20万+税(216,000)との提示(見積書あり)。
・かなり若い(二十歳そこそこ)営業マンで、高校生時代はこの周辺が通学路だったとか。
・他社の見積もりは全く聞かず、交渉ごとも全くなし。そうそうに帰って行った。
4番手はST社で、以下が主な問答。
・引越日と他社見積り時のトラックの大きさを電話で聞かれる。
・¥20万+税と電話で提示。
下見の約束も反故にされ、電話連絡だけだったので、ここは即刻却下。
以上が10月7日の下見&交渉内容で、残りのHE社は10月9日の予定。
思ったいたよりどこも高いので、新たにネットでAK社に、電話でHK社に見積もりを依頼してみた。
AK社は依頼後も全く無反応なので却下、HK社は北海道には対応していないとのことで却下。
10月9日のHE社まで待つことにする。

スポンサーリンク

相見積もり結果

5番手はそのHE社で、以下が主な問答。
・営業マンが会社に電話して聞くも、最初は¥16万+税との提示。
・営業マンのほうから、「高いですよね」、「他はもっと安いですよね」、「もっと安くできるはずなんですけど…」という。
・今まででダントツに安いが、こちらも同調して「そうですね」と相槌をうつ。
・営業マンが再度会社に電話して聞くと、¥13万+税(140,400)との提示(見積書あり)。
・営業マンが「SK社の出方がコワイ」ともいう。
・後で連絡すると伝え、お引き取り願う。
以上の相見積もりの結果、HE社の¥13万+税(¥140,400)が最安値なので最有力候補。
そして、SK社、AR社、AT社の3社に再度、「税込¥14万以下にならないか」と電話で聞いてみる。
その結果、3社の最終提示価格は、
SK社:¥20万+税=¥216,000
AR社:¥17万+税=¥183,600
AT社:¥18万+税=¥194,400
となり、ダントツに安いHE社にほぼ内定。
続く…

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする