iDeCoの申込書類に記入ミスが発覚

スポンサーリンク

今月(2月)上旬に、企業型確定拠出年金(企業型DC)を個人型確定拠出年金(iDeCo)へ移換し、SBI証券で運用するための申込み作業を行った
今日はその後の動き。
下旬になって、企業年金のキャッシュバランス(CB)分をiDeCoへ移換するために、退職した勤め先の企業年金基金に送付していた「厚生年金基金・確定給付企業年金からの移換申出書」が返送されてきた。CB分をiDeCoへ「移換可」の署名と捺印があることを確認する。
ところが、その書類の中に、こちらの記入ミスが1箇所あり(届出区分が、正は「確定給付企業年金から資産を移す」だが、「厚生年金基金から資産を移す」に◯をしていた)、「訂正して金融機関に提出するように」という企業年金基金からの指示があった。

スポンサーリンク

SBI証券

一方、SBI証券からも「iDeCo申込書類を受領」とのメールを2月22日に受信した。これは、上の「厚生年金基金・確定給付企業年金からの移換申出書」を除いた「iDeCoの加入申込書」と「企業型DCからiDeCoへの移換依頼書」を受領したというものだ。
そのメールによると、国民年基金連合会で加入資格などを確認した後に、iDeCoの運用商品の選択や預け替え(スイッチング)などができる専用サイトのログインIDとパスワードを1〜 2ヶ月後に送付するとのこと。まだまだ時間がかかるようだ。
記入ミスがあった「厚生年金基金・確定給付企業年金からの移換申出書」を訂正して、すぐに後追いでSBI証券に送付した。
これで再度、手続き待ちだ。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする