交通系ICカードの解約…残金は0にしておくと得

スポンサーリンク

現在、交通系のICカード「xxxxCA」を持っている。
交通系ICカードは全国で相互利用可能なので、北海道に移住してもJRなどで使えるのだが、セミリタイア後はJRに乗る機会がほとんどなくなるので解約することにした。
そうすると、ICカードのオートチャージやJRの切符購入にしか使っていないクレジットカードも今後は全く使わなくなるし、年に1度も使わないと年会費が発生するのでこれも解約することにした。
まず、解約する前にクレジットカードのオートチャージ機能を停止し、ICカードに残っていた残金を出張の機会にすべて使い切った。
次に、貯まっていたポイントを提携ポイントに移行、ただし100ポイント単位しか移行できなかったので、中途半端な2ポイントの2円分だけICカードに残った。これぐらいはまぁいいだろう。
その後、クレジットカードは電話で解約し、ICカードは最寄りのJR駅の窓口で解約した。

スポンサーリンク

解約で返金される額は?

ICカードを解約すると500円のデポジットと「カード残金−220円(払い戻し手数料)」が返金される。
ただし、カード残金が220円以下だと、デポジットの500円だけ返金される。
この払い戻し方法はどの交通系ICカードでも同じようだ。
カード残金を0にしておくと手数料が実質0円になるのでお得だ。なので、あらかじめ残金をできるだけ減らしておいた。
窓口に行くと、想定通りデポジットの500円が返金された。
お金と一緒にもらった「払戻計算書(お客様控)」をみると、カード残額が10円、手数料が10円、デポジット額が500円、払戻額が500円となっている。
カード残額は2円のはずだが、10円単位で切り上げされるようだ。
これで移住前にしておくことが一つ完了した。
北海道の交通系ICカードには、JR系の「KITACA」と、バスや地下鉄の「SAPICA」があるが、今のところ、どちらも使う機会がないので作る予定はない。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする