今年のふるさと納税を済ませた

スポンサーリンク

今年もふるさと納税を行った。
今年いっぱいは、源泉徴収される会社員の身なので「ワンストップ特例制度」を利用した。
来年はセミリタイアして収入が激減するので、まともにふるさと納税できるのは今年で最後かもしれない。
早めに申し込めばいいのだが、謝礼品が引越先に届くよう、引越後の10月下旬以降に申し込むことにした。
また、ワンストップ特例を申請した後に引越すと、寄付した自治体に住所変更届を送る必要があり、余計な手間もかかる。
ふるさと納税する自治体と額は謝礼品で決めているが、謝礼品は基本的に生活必需品と決めていて、定番は米だ。あとは壊れた電化製品が多い。
今年の寄付額は、収入が去年とほとんど変わらないので、去年と同じにした。
謝礼品は、定番の米と壊れたプリンタの代えが決定済。あとは引越し後に考えることにした。
最初に申し込んだのはプリンタだ。理由はワンストップ特例に必要な証明書類を印刷する必要があるためだ。
次に米の謝礼品がある自治体に申し込んだ。米の場合、寄付額1万円当たり20kgの謝礼がある自治体を選んでいる。
寄付額あたりの米の量はこれが多分最大で、これほど謝礼してくれる自治体も限られてくる。
最後に電気代の節約を考えて、謝礼品がLEDライトの自治体に申し込んで今年のふるさと納税を完了した。

スポンサーリンク

どこのサイトで申し込むか?

ふるさと納税するにもいろいろなウェブサイトから申し込みできるが、謝礼品を優先してサイトを決めている。
その中でも「楽天市場」を最優先にしている。通常の楽天市場と同様に期間限定ポイントが使え、楽天ポイントが貯まり、楽天のアプリやカードを使えばポイントアップキャンペーンも適用されるためだ。
楽天には比較的、家電製品を謝礼品としている自治体も多く掲載されている。
他に「ふるなび」や「ふるさとチョイス」を使うこともあるが、この場合「Yahoo!公金支払い」でカード決済してポイントを貯めるようにしている。
ふるさと納税が終わり、謝礼品は3月に送られてくるものを除き、全て送られてきた。
ワンストップ特例の申請書も全自治体に送り、1つの自治体を除き、申請書受領の知らせも届いた。
ふるさと納税は非常にお得な制度なので、来年以降も納税ができる程の収入があれば必ず利用するつもりだ。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする