なぜ、ふるさと納税控除は2円多くなったのか?

スポンサーリンク

今日は「今年の住民税が決定、ふるさと納税は控除されたか?」の続き。
ふるさと納税の控除額は、寄付した額から2,000円引いた額になるはずが、住民税の通知書をみるとそれより2円多かった。その理由を調べてみた。
ふるさと納税の控除には3つの種類があり、その額は以下の通り。
①所得税寄付金控除額:(寄付金-2,000円)×(所得税率×1.021)
②住民税基本控除額:(寄付金-2,000円)×10%
③住民税特例控除額:(寄付金-2,000円)×(90%-所得税率×1.021)
ここで、①の寄付金は総所得金額等の40%が上限、②の寄付金は総所得金額等の30%が上限、③の特例控除額は住民税所得割額の20%が上限になる。
ふるさと納税のワンストップ特例制度が適用される場合、①の所得税寄付金控除額は、住民税の申告特例控除額として、同額が控除される。
自分の場合、去年のふるさと納税はワンストップ特例制度を利用したので①の所得税寄付金控除は、住民税申告特例控除となる。

スポンサーリンク

控除額を計算してみる

①~③の額を計算してみた。その結果、
①住民税申告控除額:x,865.64円
②住民税基本控除額:x,800円
③住民税特例控除額:x,334.36円
となった。これを合計すると、きっちり「寄付金-2,000円」となり、2円多くはならない。
①から③の算出式を全て足すと、「寄付金-2,000円」となるので、当然といえば当然の結果だ。
では、なぜ2円の端数が出たのか?
制度の概要をよく読むと、①~③の控除額をそれぞれ計算し、「1円未満の端数があるときは、1円に切り上げる」となっている。
そうすると、
①の住民税申告控除額は、x,865.64円→x,866円
③の住民税特例控除額は、x,334.36円→x,335円
となり、合計の控除額は「寄付金-2,000+2円」となった。
②の住民税基本控除額は、寄付金に10円以下の端数がない限り、控除額に1円以下の端数は発生しない。
僅か2円の事だったが、ふるさと納税控除の計算方法がわかって納得できた。
今年はまだふるさと納税をしていないので、これから早めに決めていきたいと思う。
今年の収入は、去年とさほど変わらないので去年と同額程度を考えている。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする