電気代の節約方法を考える(北海道電力編)

スポンサーリンク

以前のブログでセミリタイア後の電気料金の支払い方法について書いた。
ブログに書いた通り、北海道電力(以下、北電)は口座振替の割引サービスがないため、引越し後の電気料金はクレジットカード払いとして、電気使用の手続きをした。
他に割引サービスがないものかと、北電のウェブサイトを見ていたところ、2つのサービスを発見した。
1つ目が「Web料金お知らせサービス」というもので、毎月の使用量や料金を紙ではなく、Webで通知するもの。銀行やクレジットカード会社でよくやっているサービスだ。
割引額は使用量に関係なく、なんと一律、月300円。私にとっては7,8%ぐらいの割引になる。基本料金や電力量料金は、これまで通りで変わらない。
北電にしては随分と太っ腹すぎで、本当かな?と疑いたくなる内容だ。
調べると、使用量や料金の通知を単に紙からWebにするだけではなく、スマートメータを設置するようで、これで検針の人件費を削減することで、電気料金を割引ようだ。
新電力の参入もかなり影響しているのだろう。
このサービスを受けるためには、まずは「Web・eプラス」という新料金プランに申込み、「Web料金お知らせサービス」に登録する必要がある。
「Web料金お知らせサービス」に登録するだけでは割引は適用されない。スマートメータの工事費は無償との事。
サービスが受けられる条件は一般家庭だと契約電流が30A以上で、口座振替かクレジットカード払いにする必要がある。
ただ、契約内容によっては新料金プランが適用できない場合があるようなので確認も必要だ。

スポンサーリンク

2つ目の新サービス

2つ目が「ほくでん エネモール」というもので、これは割引ではなくポイントサービスになる。条件は、「Web料金お知らせサービス」に登録して「エネモール」にも登録すること。
登録しているだけで自動的にポイントが貯まったり、ログインやアンケートに答えればポイントがもらえる。
ポイントは楽天やツルハ、JALに移行できたり、北海道特産の商品と交換ができるようだ。
というように、「Web料金お知らせサービス」で年間3,600円の割引、加えてエネモールポイントとかなりお得なように感じる。
まだ新電力と料金を比較していないが、ここまでの差が果たして出るだろうか。今月の使用量や料金がわかってから比較してみようと思う。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする