今年度の健康保険料は昨年度の1/10以下

スポンサーリンク

4月に加入した国民健康保険、今月その保険料の通知が送付されてきた。
中身の書類を取り出し、保険料を確認すると、x3,830円也。
昨年度の健康保険組合の任意継続に比べ、10分の1以下になった。
この額は、今住んでいる自治体の、64歳以下で年金を受給していない1人世帯では最安の保険料だ。
上の保険料には、もちろん介護保険料や後期高齢者支援用の保険料も含まれている。
こうなるのは、昨年の所得を計算し、申告もしているので想定通りの結果だ。そのため、4月に健康保険組合の任意継続資格を喪失させて、国民健康保険に乗り換えたのだ。
ただ、全体の保険料をみてみると、やはり今年度の保険料はH30年度より所得によらず増加している。
今後もその傾向が続くと考えておいたほうがいいだろう。

スポンサーリンク

予想もしていなかったこと

国民健康保険加入時に、保険料の納付を「払込票」に選択していたので、通知と一緒に「払込票」も同封されていた。
ここで予想もしていなかったことが一つだけあった。
保険料は6月から来年の3月まで毎月10回に分割して納付することだった。そのため「払込票」が10枚も入っていた。
ここまではさすがに調べていなかった。ちょっと面倒だが、仕方ないだろう。
nanacoカードで早速、今月分を支払いにいこうと思う。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする