セミリタイア後、初の健康診断に申し込む

スポンサーリンク

健康保険は、勤めていた会社の健康保険組合に任意継続している。
セミリタイア後の健康診断を考える」で書いたように、任意継続していても年に1回、健康診断を受診できる。
健康診断の案内が届いたのは、保険料を納めた後だったので6月頃だっただろうか。あまりよく覚えていない。
案内の中身はざっと見ていたが、健診方法が3パターンあったり、健診できる病院の選択肢がたくさんあったりと、ただ健診するだけだった会社員時代とは違い、申込むだけでも少々面倒だった。
申込期限が来年の1月31日と余裕があったこともあり、しばらく放置していた。
そんな9月の下旬、雪が降ると自転車が使えなくなるので、10月中に健診を受けようと、申込み案内をもう一度読んでいた。
せっかく受けるので、なるべく会社員時代と同じ検査項目の健診を受けたい。
健診方法3パターンのうち、2つは検査項目が少ないので、もう一つに決定。
この方法は指定されたいくつかの医療機関から希望する機関を選択して受診するというものだ。

スポンサーリンク

健診項目

ところが、この方法でも保険料の範囲内で検査できる項目は、身体測定、胸部X線検査、尿検査、血液検査、心電図、大腸がん検査までだ。
会社員時代に検査していた胃部X線検査や腹部エコー検査はオプション項目扱いで、検査するには費用を自己負担する必要がある。
退職したとはいえ、同じ保険料を支払っているのに検査項目が減らされていることに納得がいかなかったが、仕方あるまいと諦めていた。
さて、次はどこの機関で健診するかだ。健診機関により、検査できる項目やオプション項目の自己負担額が異なり、ネットで調べられるようになっている。
早速、自宅周辺の27の健診機関に絞って、一つ一つ検査項目とオプション項目の料金を調べていった。
調べ始めると、オプション項目の胃部X線と腹部エコーを追加すると自己負担額が4,000円前後になるところが多かった。
そんな事をしているうちに、オプション項目を検査するかどうか少し悩み始めた。
次回に続く。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする