退職金を金利優遇の定期預金で運用する(第1回)

スポンサーリンク

退職金が入れば、金利が優遇される退職金の定期預金キャンペーンに預けることを随分前から考えていた。
1年程前のキャンペーンでは、金利が1.5%以上が普通で、2%以上の金融機関もあった。
ところが日銀のマイナス金利政策が続き、今となっては退職金定期の金利も1%以下がほとんどで、キャンペーンすらなくなった金融機関もある。
そんな状況の中、出来るだけ金利が高く、北海道で手続きできる金融機関を探した。
というのも、退職金定期の手続きはほぼ全て窓口のみで、ネットは対応していないからだ。
いろいろ調べた結果、第1回目の退職金定期は金利が一番高い七十七銀行と、銀行破綻のリスクを分散するため、二番目に金利の高い三井住友信託銀行に預けることにした。
まず、退職金が振込まれ前の2017年12月に七十七銀行に出向き、退職金定期預金の条件を確認して、普通口座を開設した。
退職金定期の条件は以下の通り。
・キャンペーン期間:平成29年4月10日〜平成30年3月30日
・金利:1.51%
・預金額:300万円〜5,000万円(退職金以外も可)
・預金期間:3ヶ月
・平成29年1月1日以降に退職金を受取った人(退職金所得の源泉徴収票等が必要)
・キャンペーン期間中1回限りの利用
ネットバンキングも開設して資金を振込み、退職金が振り込まれた後の1月に再度、銀行の窓口に出向き、退職金定期預金を申込んできた。
そのお礼の品として、歯磨き粉(サンスターGUM70g)とキッチンクリーナー、キッチンかたづけ袋をもらう。

スポンサーリンク

2つ目

更に三井住友信託銀行に出向き、退職金定期預金の条件を確認して、普通口座を開設した。
退職金定期の条件は以下の通り。
・キャンペーン期間:平成29年10月2日〜平成30年9月28日
・金利:0.8%
・預金額:500万円〜1億円(退職金以外も可)
・預金期間:3ヶ月
・退職日から1年以内の人(退職金所得の源泉徴収票等が必要)
・キャンペーン期間中1億円以内であれば何度でも預入可
・アンケートに答える
ネットバンキングも開設して資金を振込み、再度、銀行の窓口に出向いて退職金定期預金を申込んできた。
そのお礼として、ティッシュペーパー(箱入り100枚)とB6ノートをもらう。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする