セミリタイア最初の1週間、移住地へ出発

スポンサーリンク

8年半住んだ街を離れ、まずは夜行バスで転勤する前に住んでいた地へ向かう。
そこに行く理由は、前の職場でお世話になったKOさんが、有志を募って飲み会を開くので、「こっちに寄ってけ」と言ってくれたためだ。
思ってもいなかったことだったので、嬉しかった。喜んで寄させていただくことにした。
飲み会は土曜日の夜にあるので、夜行バスは金曜日の夜に出発し、土曜日の朝に着く便でよかったが、さすがに金曜日の夜行バスに空きはなかった。
そのため、木曜日の夜行バスで現地に向かうことにした。バスは普通の4列シートだが、料金は4,000円と新幹線の1/3ぐらいで破格だ。
金曜日は天気も良さそうなので1日観光することにする。
木曜日の夜、バスの乗車場所に向かう途中、KOさんから「5,000円ぐらいでほしいものはないか?」とLINEが入る。
どうやら送別品のようだ。気を使っていただき、ありがたく思う。バスの中で考えることにする。
早めにバスの乗車場所に着いたので、受付場所を確認し、晩飯を食いにいくことにする。

食べるものは決めていて、ここに来てから好きになった麺にする。1.5倍盛り580円也。
移住すると、食べれる機会は少なくなるだろう。
バスの集合時間は20:45だったが、45分前に受付を済ませる。その際、このバスにトイレはなく、そのため途中で3度も休憩で止まることを聞く。
待合ラウンジは充電可だったので、スマホを充電しながら、乗込み時刻の21:00まで待機する。

スポンサーリンク

バスに乗り込む

21:00 乗り込み開始。バスの入口で座席を知らされると、なんと一番前の席の通路側。このバスは3箇所に停車するだが、自分は最初の停車場所で降りるので、一番前の席になったのだろう。
3度の休憩の度に、人の出入りで眠れることはなさそうだが、そもそも最初から夜行バスで睡眠を取ることは諦めているのであまり気にしない。
夜行バスの乗客はやはり若い人が多く、私のようなおっさんも少しいる。
若い女性も多いが、おばさん以上の女性は皆無で、これまでの経験でも夜行バスにおばさんが乗っているところをほとんど見たことがない。
21:15 定刻通り、バス出発。到着は明朝5:30である。
23時頃、最初の休憩地点で念のためトイレを済ませておく。
明けて10月27日(金)の1時頃と3時頃に休憩。ウトウトしたと思ったら、その度に起こされる。
3時の休憩地点では、ドアが開くと寒かったので、降りるときに備えてリュックから上着を出しておく。
5:30 定刻通り到着。外はまだ暗く、予想通り寒い。上着を着込む。
さて、今日はこれから1日観光で移動することになる。
まずはコンビニで朝食のパンを買って、空いた電車か駅で食べることにする。
なんだか、今日のブログは途中から24インチ自転車旅風な感じになってしまった。
まだまだ、移住地までの道のりは遠い。
続く。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする