‘19 夏の根室・釧路・十勝 キャンプ旅⑫ 上士幌〜帯広

スポンサーリンク

8:22 十勝平原第二広域農道に入る。国道は朝の出勤時間帯でもあるので、それなりに交通量はあるが、農道は皆無だ。たまに抜け道として通る車がいる程度。

士幌に入り、ダートに変わるところで、農道は1本東隣りの道に移る。左折して小さな丘を上り、その道に入ると、長い直線道路と防風林が果てしなく続いている。

畑では土起こしをしているようで、土埃がすごく、風で道路まで飛んでくる。

十勝平原

8:55 道道134号線に突き当たる。十勝平原第二広域農道はここで終わり、続いて500m離れた1本西隣りの十勝平原広域農道に向かう。

十勝平原広域農道に入り200mほど進むと、再び、長い直線道路が続いている。ここも名前の通りの大平原地帯で、十勝らしい広大な畑が果てしなく続いている。

直線道路は少しだけ緩い下り坂で、時間も余っているので、あまり漕がずにゆっくり走る。

スポンサーリンク

十勝平原広域農道

そんな直線道路が中士幌まで10kmほど続く中を走っていると、バックミラーに巨大なトラックが映る。

「何あれ?、自衛隊?」

こんな道に自衛隊は通らないだろう。路肩に止まって後ろを確認すると、農作業用のトラクターに見えるが、普通よりかなりデカい。センターラインをはみ出して、ゆっくりこちらに向かってくる。

そのデカいトラクターをやり過ごすため、そのまま路肩で待つ。すると、そのトラクターは、これまた巨大なタイヤの運搬車を引いていて、しかもそれは1台ではなく、3台も通り過ぎて行く。

こういうのが見られるのも十勝ならではだろう。

農道を疾走するデカいトラクター

直線道路が終わり、もう少しで「く」の字にカーブするところまでやって来る。

この辺りが2007年夏に来た時、道がわからなくなったところだ。その時は、ツーリングマップルだけを頼りに十勝平原広域農道を逆向きに走って来たが、ダート道にぶつかってしまい、時間がなかったので、止む無く国道241号線へ戻ったのだ。

その国道へ向かった交差点の手前に右カーブと小さな橋があり、当時はGPSを持っていなかったので現在地がよくわからず、カーブへ進まず、そのままま直進したと記憶している。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする