‘19 夏の根室・釧路・十勝 キャンプ旅⑫ 上士幌〜帯広

スポンサーリンク

日が照ってきたので、濡れたテントや洗濯物を乾かすことにする。ただ、芝生はかなり濡れているので、ここにテントを広げる訳にはいかない。

幸い、近くに木製のテーブルとベンチがあるので、ここにテントと洗濯物を広げておく。テーブルとベンチの周りは砂地なので、地面に落とさないよう気をつける。

乾かすものが多いので、ゆっくりテントをバラしながら、撤収していく。その間に帯広までのコースと、バスに乗るまでの行動を考える。

コースは、2007年夏に初めての自転車旅で、途中で断念した十勝平原広域農道を逆向きに走ることにしよう。

あの時は、ツーリングマップルの地図しか持っていなかったし、時間もGPSもなかったので断念したが、今回は全部あるので問題ないだろう。

スポンサーリンク

旅のゴールへ出発

それから、帯広に着いて、入浴後に自転車の折り畳み作業をしたり、入浴前に折り畳んで入浴後に輪行バッグを持って歩いたりすると、汗だくになってしまう。できれば輪行バックをバスターミナルに置いて温泉に行きたいところだ。

そこで「バスターミナルや駅に輪行バッグが入る大きなコインロッカーはあるか?なければ、今の時代に手荷物預所はあるか?」をネットで調べてみる。

すると、どちらにもコインロッカーはあるが、大きさはわからず、手荷物預所はやはり見当たらない。とりあえず、行ってみて確認するしかない。

あとでJR北海道のサイトをよくみてみると、各駅にあるロッカーの大きさや料金は調べられることがわかった。

ゴミ捨て、トイレ、水補給、テントの撤収をしていき、8時前には出発準備が済む。

まだ出発予定の1時間前ではあるが、することもないので、乾かない洗濯物をリアキャリアに括り付けて、出発することにする。

8:00 キャンプ場を出発。カメラは今朝も誤動作するのでスマホで写真を撮る。

航空公園キャンプ場を出発

十勝平原第二広域農道の起点に向かうため、道道337号線を進む。農道の起点は国道273号線と国道241号線との分岐にある上士幌17区の交差点だ。

今日も予報通り天気が良く、暑くなりそうだ。でも晴天も今日までで、明日から道東は雨が続く。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする