‘19 夏の根室・釧路・十勝 キャンプ旅⑩ 鶴居〜阿寒湖

スポンサーリンク

9日目 2019-8-5(月)

今朝は4時頃、目が覚めるが、もの凄く気だるいので、二度寝する。次に目が覚めたのは6時前で、浅い眠りだったが、さっきよりかなり体が楽になる。

トイレに行くと、その近くにいくつか大きなテントが並んでいることに気づく。テントの汚れ具合や荷物の多さからして、長期滞在に見える。これが「主」と言われている人達のテントだろうか。じろじろ見ずに通過する。

外は曇天だが、内陸のせいか霧は出ていない。

キャンプ場内の通路やトイレで、「長期滞在はご遠慮ください」や「ゴミはお持ち帰り下さい」などの注意書きを見かける。

ここのキャンプ場は、料金が無料なうえ、車の乗入れも可、トイレや炊事場はきれいだし、温泉やスーパーも近いので、夏場に長期滞在する人が出てくるのだろう。

1泊した限りでは、ゴミが散乱していることはなく、夜もそれほど騒がしくはなかった。

非常にいいキャンプ場なのかも知れないが、自分としては、人が多いので1泊で十分、長くいたいとは思わない。

スポンサーリンク

自転車旅の終え方

6:45頃、朝飯の調達とゴミ捨てをかねてセイコーマートへ行く。半袖で自転車で走るとちょっと寒いぐらいだ。

キャンプ場に戻り、朝飯のパンを食べながら、今日を含めてこの旅をどうするか考える。

やはり体は少し疲れていて、旅を続けようとするモチベーションは高くない。

今日で終わらせて釧路に戻るにしても、昨日と逆のコースを走ると昼前には着いてしまうし、全然楽しくない。

別のコースで釧路に行こうとすると国道274号線で標茶経由にするしかない。そうなると1日ではキツいので、シラルトロ湖か塘路で1泊必要だ。

阿寒湖に比べたら、大したのぼりもないし、プラス1日ぐらいなら旅を続けてもいいかと、その辺のキャンプ場を調べてみる。

ところが、シラルトロ湖は休業中、塘路元村は周辺に店や温泉がない。どうしたものか悩む。

これ以上考えても名案が浮かばないので、とりあえず当初の予定通り、まずは弟子屈に向けて出発し、体を動かしてみる。そして、国道274号線を北上し、弟子屈と標茶の分岐で、阿寒湖に行くか釧路に戻るか最終判断しよう。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする