‘19 夏の根室・釧路・十勝 キャンプ旅⑤ 別海〜根室

スポンサーリンク

4日目 2019-7-31(水)

今日も5:00過ぎにカラスの声で眼を覚ます。外はガスっていてかなり涼しい。朝飯を食う。

今日の予定は、走古丹経由で国道244号線に入り、ヤウシュベツ川湿原、そして国道243号線の交差付近にある旧奥行臼駅によって、後は厚床から国道44号線で根室に向かう。

距離は90km程度なので、ゆっくり8時頃に出発しても16時頃には余裕で根室に着けるだろう。

テントが朝露や結露で濡れているので日が出てから乾かす。洗濯物は全く乾いておらず、逆に霧や朝露で濡れた。昨日と同じようにリアキャリアのリュックの上に括り付けて走りながら干すことにする。

キャンプ場のゲートが7時まで開かないので、いつも出発の早いライダーもゆっくりしているようだ。

テントの撤収も終わり、後はトイレ待ちだけだが、出そうな感覚がない。管理室前の箱に昨日渡されたキャンプ場の利用マニュアルと番号札を返却する。

朝のふれあいキャンプ場
スポンサーリンク

別海にやってきた旅人

ふと一人のおじさんに「おはようございます」と声をかけられ、こちらからも挨拶を返す。

すると、

おじさん:「足、随分虫に刺されたねぇ」

自分:「そうなんでよ。でも、ここのキャンプ場ではなく、昨日泊まった中標津のキャンプ場でやられたんですよ」

おじさん:「少し腫れているんじゃない?」

自分:「毒素がまわっているみたいです」

おじさん:「じゃ、お気をつけて」

自分:「ありがとうございます」

ふくらはぎや足首の虫刺されはかなり目立つようだ。確かに腫れていて、歩くとふくらはぎに振動が響き、少し変な痛みを感じる。が、歩いたり、自転車を漕ぐ分には問題ない。

トイレに行けるまで、キャンプ場の中を1周してみる。バイクやキャンピングカー、ワゴン車ばかりで、チャリは自分だけのようだ。

ナンバーを見ると、関東、中部、関西がやはり多く、一番遠いのは鹿児島ナンバーだ。道内ナンバーは札幌の1台だけだった。

1周歩いてようやくトイレを済ませることができた。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする