‘19 夏の根室、釧路、十勝 キャンプ旅④ 中標津〜別海

スポンサーリンク

3日目 2019-7-30(火)

5:00頃、眼が覚め、トイレに行く。エゾリスがちょろちょろ走り周っている。

今日は、まず別海に行ってキャンプ場の場所を確認し、天気が大丈夫なら、昨日の夜、考えていたように走古丹やヤウシュベツ川湿原に行ってみよう。

今のところ、今日の天気予報は曇りだ。

朝飯は準備していないので、中標津の街のコンビニで調達して、トイレはその後、バスターミナルか、コンビニで借りよう。

早速、荷物を片付け始め、テントの撤収にかかる。昨日のように虫に刺されないようレインウェアの下を履いてテントを撤収する。

撤収中、すぐ横にエゾリスが走り寄ってきた。また餌をねだりに来たのだろうか。無視すると、すぐにどこかに行ってしまった。

7:00過ぎには撤収がほぼ完了。洗濯物は乾いていないので、リアキャリアのリュックの上に括り付けて走りながら乾かすことにする。

キャンプ場にゴミ捨て場があったが、燃えるゴミは指定のゴミ袋がないと捨てられなかったので、空き缶だけ捨てる。あとはコンビニかスーパーのゴミ箱に捨てよう。

スポンサーリンク

出発を遅らせる

出発できる状態になったが、急に疲れが出たというか、気だるくなって、出発する気が無くなった。

やはり、昨日の無理が祟ったのかもしれない。バーベキューハウスの横にある東屋の椅子に横になって、もう少し仮眠することにする。

キャンプ場のバーベキューハウス

ふと、ファミリーのテントの奥に自転車が置いてあるテントがみえる。チャリダーだろうか? 結局、それらしい人を見ることはなかった。

8:00 バイクサイトのライダーは皆んな出発していった。

うつらうつらするが、カラスがうるさい。近くの木で幹を突く音も聞こえる。アカゲラでもいるのだろうか。だが姿は見えない。

少し寝ていると、8時半頃、「大丈夫ですかー」と声をかけられて起こされる。

「大丈夫です」と答え、起き上がると、声をかけてきたのはキャンプ場を清掃をしに来た方だった。何かあってはいけないと思って、声をかけてくれたようだ。申し訳ない。

大分、体調は持ち直した。もう一度、天気予報を確認したり、中標津でトイレが借りれそうな公共の施設を検索する。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする