’16 強風の隠岐と出雲国① 新山口〜境港

スポンサーリンク

初日 2016-4-30(土)

今日は毎年恒例のゴールデンウィーク自転車旅に出発する日。直前まで行くかやめるか迷っていたが、天気がまずまずのようなので行くことにした。

これまでも何回か迷った末に出かけたことがあったが、結局いつも行ってよかったと思うので、それも出かける理由になった。

今回の行き先は「島根」だ。以前から「隠岐の島」に行きたかったので、そこを中心にツーリングコースを組んだ。やっぱり、自転車での島旅が一番楽しいと思う。

今日はまず、松江まで輪行して、そこから隠岐の島行きのフェリー乗場に近い境港まで走る。隠岐の島には明日のフェリーで渡る予定だ。

まずは新幹線で新山口に向かう。いつも通り車輛最後尾の座席を確保して、座席後ろの壁との間のスペースに折畳み自転車が入った輪行バッグを置く。新幹線内で輪行バッグが置けるのはここしかない。

新山口から「特急スーパーおき2号」に乗り換える。

スポンサーリンク

特急列車輪行

特急列車も輪行バッグの置き場所に困ることがある。というのも、新幹線に比べて、本数も車輌数も指定席数もかなり少ないので、簡単に最後尾席を確保できないし、座席後ろに輪行バッグが置けるスペースがあるとも限らない。

その一方で、列車によっては車輌の前方や後方、デッキの近くに広いスペースがあったり、比較的新しい車輌だと荷物スペースがある場合もある。

というように特急列車は新幹線と違い、車輌がマチマチなので、切符を予約する際にJRのホームページで、輪行バッグが置けそうなスペースが車輌にありそうか確かめるようにしている。わからないことも多いが、今回も調べておいた。

すると「特急スーパーおき2号」は、特急といってもわずか「2輌」、しかも指定席車両は後方の1輌だけで、輪行バッグが置けそうなスペースがあるかはわからない。

仕方ないので新幹線と同じく、無難に車輌の最後尾席を予約しておいたが、残念ながら海側の座席は空いておらず、山側の座席を予約するしかなかった。そして、輪行バッグが置けるスペースを確保するため、かなり早めにホームに並ぶことにしたのだ。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする