’08 春の秋田 斜め縦断の旅⑦ 大潟〜藤里

スポンサーリンク

6日目 2008-5-5(月)

今日はこの旅、初の雨予報で、行先は世界遺産・白神山地の麓にある藤里町。どこかで聞いたことがある町の名前だが…まぁいいか。

できたら白神山地のブナの森を体験したいところだが、距離的にも天候的にも無理そうなので、行けるところまで行こうと思う。

今朝はまだ雨は降っていないが、完全な曇天。いつ降ってきてもいいようにリアキャリアのリュックにレインカバーをしておく。

8:25 宿を出発、まず最初の目的地である石倉山に向かう。ツーリングマップルによると、石倉山からは八郎潟干拓地や男鹿半島が一望できるらしいので、行くことにした。

干拓地を東西に真っ直ぐ横切る県道54号線で、ひたすら東に向かう。新生大橋を渡り、干拓地を出る。

八郎潟干拓地を貫く県道54号線
スポンサーリンク

石倉山公園

9:07 国道7号線へ左折する。狭く、交通量の多い国道を何とか抜け、県道217号線へ右折する。県道217号線から石倉山へ行くには、JR奥羽本線を渡った後、一般の道に右折しないといけない。

案内標識が出ていないか気をつけて進んでいくと、「石倉山公園→」の標識を見つけ、右折する。その後も石倉山公園への案内標識があり、それを頼りに、次の丁字路を右折、その次の丁字路を左折して進む。

ただ、案内標識だけに頼って進んでいると、「早春の天草」の旅のように戻り道を覚えていないことがあるので、周囲の風景や右左折ポイントを頭に入れながら走る。

そして、いよいよ石倉山への上り坂が始まる。キャンプ場を通過、まだまだ急坂を上る。

ようやく右にカーブした先に「石倉山公園頂上」の標識が現れ、右の脇道に入る。

9:58 石倉山公園頂上に到着。自分以外は誰もいないようだ。頂上と思われる東屋からは、干拓地や男鹿半島の山々が見える。

晴れていればもっと景色がいいのだろうが、今日は曇天なので、まずまずといったところだ。雨が降っていないだけいいとしよう。

石倉山から八郎潟干拓地と男鹿半島を望む

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする