’08 早春の天草と通潤橋② 出水〜河浦

スポンサーリンク

10:30「ツル観察センター」を出発し、八代海沿いの県道378号線で黒之瀬戸大橋に向かう。交通量皆無で、天気が良く、アップダウンはあるものの快適な道だ。
小さな漁港や畑、集落を進むと、八代海の向こうの山の上に風車が見えてくる。あれが長島のようだ。

八代海越しの長島

やがて阿久根に入り、国道389号線に合流する前の残り1.5kmほどの下り坂を一気に走り降りる。最高速度更新となった。
国道389号線に入り、やがて水色の黒之瀬戸大橋が見えてきた。
11:48 黒之瀬戸大橋に到着。長さは500mほどで交通量は少ない。ところが車道の路肩はほとんどなく、しかも歩道と車道がコンクリ-ト壁で完全に仕切られているので、路肩に寄って走ることができない
歩道は橋の両側にあるが、人一人同士がすれ違える程度の幅しかない。

黒之瀬戸大橋

スポンサーリンク

長島

ここは安全を期して自転車を押して歩道を歩くことにする。橋の中央で海を見下ろすと「黒之瀬戸」の名の通り、かなり潮の流れが速いことがわかる。
橋の向こう側から人が来ることはなく、無事渡り終える。
長島に入り、一旦南下して勾配が5%ほどの坂を上る。
12:14 坂を上りきると眼下に板場鼻や汐見海岸がきれいに見える。東シナ海を見ながら自転車で走るのはこれが初めてだ。
この辺りの路肩は自転車走行できるほどの幅はあり、交通量もそう多くはない。

板場鼻

島の西側の国道389号線を北上する。
汐見川まで下り、再び上る。幅の狭い歩道が現れ、少し走りにくくなる。
周りは段々畑の丘陵地で所々で海が見える。唐隈の集落でほぼ平坦になり、歩道も広くなる。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする