’07 やまなみハイウェイから阿蘇、耶馬渓・国東半島へ③ 筌の口温泉〜内牧温泉

スポンサーリンク

3日目 2007-9-30() 

朝、目が覚めて窓から天気を確認すると、日は出ていないものの、霧はなく、雨も降っていない。天気予報も曇りで、今日は昨日より景色が楽しめそうだ。

ところが、朝食後、部屋に戻って窓の外を見てみると、なんとガスっている。すぐ近くを流れる鳴子川対岸の木々もよく見えない程の濃さだ。しばらく様子をみるが、晴れる気配どころか、どんどん濃くなっていく。
今日はやまなみハイウェイの最高点である標高1320mの牧ノ戸峠越えを控えているので出発することにする。

8:55 昨日と同じ霧雨状態なのでレインウェアを着て出発。県道40号線と県道621号線を経由してやまなみハイウェイに出る。全く周りの風景が見えない中、のぼり坂を進む。

宿を出発

宿を出発

スポンサーリンク

トラブル発生!?

最初の目的地、長者原ビジターセンターに到着。自転車を止め、鍵をかけようとしたところ、なんとワイヤーロックがない!
どこかに落とした!?と一瞬思ったが、落ち着いてよく考えると、宿を出発する時、自転車からワイヤーロックを外した後、いつもならハンドルにつけるのだが、その記憶がない。
多分、宿の入口に置いてきたのだろう。最初、諦めて鍵なしで行こうかと思ったが、まだ先は長いし、時間にも余裕があるので宿まで戻って取りに行くことにする。
宿を出発して50分程走ったが、戻りは下りなのであっという間に戻れた。
予想通り、宿の入口に置いたままになっていた。気を取り直して長者原ビジターセンターへ再出発する。

11:15 長者原に到着。標高は1018mで、遂に1000mを超えた。
長者原ビジターセンターの奥には、タデ原湿原があり、自然研究路(散策路)が整備されているのでぐるっと1周してみる。ガスっているので山並みや周りの景色は見えないものの、まずまず楽しめた。

霧の長者原

霧の長者原

ビジターセンターに戻ると、車で旅行している人に道を尋ねられる。どこの場所を聞かれたかは忘れたが、紙の地図を入れたケースを首からぶら下げていたので、それを見せながら教えた。
道は簡単だったが、その人はそもそも今いる場所がよくわからないようで、なかなか理解してもらえない。既に迷子になっているようだった。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする