’07 「幻の橋・タウシュベツ川橋梁」と「富良野・美瑛の丘」① 帯広〜上士幌

スポンサーリンク

初日 2007-7-29(日)

始めての自転車旅はちょうど夏ということもあり、北海道にした。
北海道といっても広いので、いろいろ考えた末、映画「雪に願うこと」で見たタウシュベツ川橋梁と丘の景色を見に、十勝北部と富良野、美瑛をまわる事にした。
自転車は5月に買ったばかりのLOUIS GARNEAU LGS-TR LITE だ。
今日は旅の初日。帯広まで飛行機輪行して、空港から上士幌まで走る予定。

11:40 JAL便で、とかち帯広空港に到着。自転車の組み立ては、何度か自宅で練習してきたものの、かなり手こずり、1時間近くもかかってしまった。
なんとか組み上がったものの、キャリアに荷物をつけたり、手を洗ったりしているうちに、時間はもう13:15。あと5時間程で約70km離れた上士幌まで行かなくてはいけない。
その前にまずは幸福駅に向かう。天気は曇りで日は出ていないが、雨の心配はなさそうだ。
途中、リアキャリアの荷物が落ちそうになりながらも、自転車自体に輪行の影響はなく、空港から幸福駅まで交通量皆無の道を快適に走る。

13:45 幸福駅に到着。周りは広大な畑に囲まれていて人の気配がまるでないが、駅だけはたくさんの観光客で賑わっている。
駅舎は味のある木造だが、中は名刺だらけで外にも貼り付けてある。

幸福駅

幸福駅

駅舎の奥には、幸福の鐘?。北海道の観光地には意味不明な鐘を見かけるが、ここはそれなりに理由があるのかなと勝手に解釈する。

「幸福」というのはここの地名だが、入植当初は「幸震」と呼ばれていたらしい。その後、福井県からの入植者が多かったため、福の字を当てて「幸福」に変更されたそうだ。

幸福の鐘?

スポンサーリンク

幸福から愛国へ

次は、「愛国」から「幸福」ゆきの切符で有名になったもう一つの駅、愛国駅に向かう。
切符は今でも現地のお土産屋さんで買えるようだが、幸福駅のホームページやAmazon、楽天市場などネットでも購入できるようで時代を感じる。記念日も入れてもらえるところもあるようだ。

さて、愛国駅に向かうとなると国道236号線を通れば迷う事なく行けるが、国道は面白みがないので、別の道を行く。
国道とほぼ並行して1本東側に道路(農道?)が走っている。幸福駅からだと、国道236号線よりのすぐ西側に1本の道があるのでわかりやすい。
この道は大正の街がある道道62号線まで繋がっているようだ。その間、交通量は皆無、広大な十勝の畑作地帯の景色をのんびり楽しみながら走る。
ただし、問題が一つある。道路のところどころに亀裂が入っていて、そこを通過する度に衝撃を受けることだ。
交通量が少ないのなら、国道236号線のほうがストレスなく走れるかもしれない。

人気ブログを読みたい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする