WordPress の画面が「真っ白」になった時の対処方法

スポンサーリンク

WordPressのカスタム投稿を使ってみた」で書いたように、投稿の記事から「24インチ自転車旅」を別枠に移動させようとしていた。
そんな作業をしている途中、WordPress の画面が突然「真っ白」になって何も表示しなくなった。
今日は、その「真っ白」画面からの対処方法を書き留めておく。
WordPress が真っ白になったのは、知識もないのにネットから得た情報で ”functions.php” を編集したためだ。
ダッシュボードのホーム画面も、公開しているブログも何も見えなくなった。「真っ白」画面になった時、「これはかなりヤバそう」と思ったが、意外に早く復旧できた。
”functions.php” がおかしくなると、WordPressの「テーマ」が壊れて「真っ白」になるようだ。
プラグインが壊れていて「真っ白」になることもあるらしく、テーマが壊れている場合と同様な方法で復旧できる。
まずはじめに、契約しているサーバーにログインするため、FTPアプリを入手する。
自分は仕事以外ではMac使いなので、フリーのMac用FTPアプリを探した結果、
FileZilla” を使うことにした。

スポンサーリンク

FileZilla の操作

”FileZilla”を起動すると以下の画面になる。
スクリーンショット 2017-03-01 22.06.02画面一番上の Host, Username, Password に契約しているサーバー情報を入力する。
サーバーにロリポップを使っている場合は、ユーザー専用ページにログインし、ユーザー設定>アカウント情報で、サーバー情報を確認できる。
以下のように入力する。
Host: FTPSサーバー
Username: FTP・WebDAVアカウント
Password: FTP・WebDAVパスワード

他のサーバーやFTPアプリでも似たり寄ったりだろう。契約しているサーバーのホームページに設定方法が記載されていることもあるので調べてみるといい。
入力後、”Quickconnect” ボタンを押すと、サーバーに接続する。それまで空白だった画面中段の右側にサーバーのディレクトリが表示される。
フォルダの wp-content > themes に入る。themes フォルダ内にあるこれまで使っていた theme 名のフォルダを探し、そのフォルダ名をリネームする。
リネームすると、WordPress の「テーマ」が自動的にデフォルトの ”Twenty Fifteen” に変更される。
これで WordPress にログインすると、管理画面も表示されるようになる。
プラグインが原因で「真っ白」画面になったときも、フォルダの wp-content > plugins に入り、該当するプラグイン名をリネームする。
この状態でログインできれば、そのプラグインが「真っ白」画面の原因であるので、そのプラグインは削除する。
復旧後は、テーマや別のプラグインを再インストールして、設定をし直す。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする