’07 やまなみハイウェイから阿蘇、耶馬渓・国東半島へ 内牧温泉–阿蘇山

スポンサーリンク

4日目 2007-10-1()

朝起きると、4日目にしてはじめての青空。窓からは阿蘇山が見えるが、中腹辺りがもやっている。出発前、宿の屋根にペンキを塗って早くも仕事をしている人がいる。

9:45 かなり遅めの出発。阿蘇山に上るので、荷物を身軽にするため、JR阿蘇駅に向かう。駅のコインロッカーに必要のない荷物を置いておく。

駅前の県道111号線 阿蘇パノラマラインに突入し、阿蘇中岳に向かう。出発前のもやも取れてほぼ快晴で、阿蘇山、外輪山もクッキリ見える。パノラマラインは交通量少ない。路上に大きなヘビの死体発見。自転車旅ではたびたび見かけるが、猫の死体は早く回収されても、ヘビは放置されるように思う。パノラマラインの始めは勾配はキツくないが、徐々にあがり5%ぐらいになる。森林地帯を抜けると眺望が開け、眼下に阿蘇の街や田園地帯が見えてくる。草原地帯では牛や馬が放牧されていて、のどかで静かないい風景。遠く大観峰の辺りもよく見える。駐車スペースでは車やバイクを止めて写真を撮ったり、風景を眺めている人をよく見かける。何度も自転車を止めて、写真を撮ったり、周りの風景を楽しみながら上る。

阿蘇で草を食む牛たち

阿蘇で草を食む牛たち

スポンサーリンク

だんだんキツくなってくる

てっぺんが凹んだ緑色の特徴的な山「米塚」を過ぎると、県道298号線との分岐に到着。ここから勾配がキツくなり、8%ぐらいになる。路肩に車を止めてアイスやジュースを売っているオッチャンに笑われながら「まだまだ(坂は)これからだぞ」と冷やかされる。10月でもこの坂道で暑くなり、木陰で休憩しながら上る。

13:05 草千里展望所に到着。坂道が少しキツかったのでしばらく休憩する。ここの標高はよくわからないが、米塚が眼下に見えるので1000mは超えていると思う。ここから見る草原の杵島岳や眼下の風景もなかなかの絶景。

草千里展望所

草千里展望所

展望所を出発して、下り坂に入り左に大きくカーブするとすぐに阿蘇火山博物館と草千里ヶ浜に到着。展望所からこんなに近いとは思っていなかった。草千里ヶ浜は文字通りの草原の丘陵地帯でいい風景、遠くから見ると寝転びたくなるようなところ。草千里ヶ浜の向かいに阿蘇火山博物館やレストハウスがある。まず阿蘇火山博物館を一通り見学(入場料¥840)、まずまず楽しめた。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする