’16 島旅「強風の隠岐の島」と「出雲の国」 新山口−松江−境港

スポンサーリンク

15:25 一通り松江城を見学したあと、境港に向けて出発します。 ルートは県道260号線で大海崎橋まで行き、その後は県道338号線で大根島、江島に渡り、江島大橋から境港と行く予定です。松江市内はやはり交通量多く、道路工事も多いです。西尾町の松江だんだん道路の高架を少し過ぎたところで、朝釣川沿いの旧道に進みます。旧道は遠回りになりますが、交通量が非常に少なく、のんびり走れます。再び260号線に合流し、しばらくすると前方にうっすらと大山が見えてきます。

16:10 大海崎橋に到着し、県道338号線に入ります。橋上は路肩が狭いですが、橋の長さが短いので問題ないと思います。すぐに堰堤になり、左手に中海を眺めながら走ります。

16:20 大根島に到着し、北に進路を変えます。ここまで東に向かって走っていましたのであまり感じずにいましたが、ここで西風が強いことがわかりました。大根島に入ると中海側に堤防があり、338号線から中海は見えなくなります。堤防上に道がありますので、この道を走るのもいいと思います。今日は西風が強いため、そのまま338号線を走ることにします。

スポンサーリンク

鳥取県に入る

16:35 江島に到着、この先で江島大橋方面に右折する必要があります。しばらくして右折する交差点に到着しましたが、この交差点には右側にわたる横断歩道がありません。ほとんどの車がここで右折していくので、少し直進して交通量が減ったところで、道路の右側に渡り反転します。これから向かう江島大橋ですが、勾配が急な橋で有名らしく、CMにも登場したそうです。そのため、最初気づきませんでしたが、写真を撮っている方が結構いて、中には三脚まで構えている方もいました。さて、この江島大橋ですが、車はアクセルをベタ踏みしないとのぼれないらしく(本当かどうかわかりませんが)、そのためか、この時も渋滞していました。路肩も狭いため、急勾配の坂で渋滞中の大型車の横をすり抜けることは危なそうです。仕方がないので歩道を押していくことにします。江島大橋を通られる方はお気をつけください。

江島大橋

江島大橋

17:05 目的地である境港に到着し、今日のお宿に向かいます。今日のお宿は「美佐旅館」で、向かいには食事処も併設されています。街の中心部にあり、水木しげるロードも近いので、観光や食事もできると思います。部屋は6畳程の和室で、お風呂とトイレは共同です。自転車は宿の隣の駐車場に置く事になりますので、鍵は厳重にしておいたほうがいいでしょう。

走行時間:2h37m21s 走行距離:38.95km
平均速度:14.8km/h 最高速度:33.2km/h

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする