新しくなった札幌時計台と新しくできた図書・ 情報館に行ってみた

スポンサーリンク

今年の夏から屋根と外壁のリニューアル工事をしていた札幌時計台が、11月に工事が終わり、開館した。
地震で観光客が減っているためか、年内は入館無料(本来は200円也)になっている。
外からは何度も見ているが、中に入ったことがなかったので、この機会に入ってみることにした。
訪れたのは平日の11時半頃で、珍しく周辺に写真を撮っている観光客はいなかった。
やはり観光客は少ないようなので中も空いているだろうと思ったが、意外と中は混んでいた。
時計台の1階は、開拓の歴史や札幌農学校、時計台に関する資料の展示で、2階は講堂のようなホールになっている。
講堂の椅子にはクラーク博士が座っていて、観光客が入れ替わり一緒に記念撮影をしていた。
そろそろ帰ろうとしたところ、ちょうど12時になり、久しぶりに鐘の音も聞くことができた。
ザッと見学しただけだが、想像していたような感じの内部だった。
年内は無料なので、見学するには今が一番いいだろう。

リニューアルした札幌時計台

スポンサーリンク

札幌市図書・情報館

次に、創世スクエア隣りの市民交流プラザにオープンした図書・情報館に行ってみた。
1階は札幌や北海道に関係する本や雑誌があり、座席は30席程とあまり広くはない。飲み物や食べ物が持ち込み可で、飲みながら、食べながら本を読める。
自分も40分程ソファに座って本を2冊読んだ。まだ読みたい本があるのでまた来ることにしよう。
階段で2階へ上がると、1階よりかなり広い。4倍の面積があるようだ。
ザッとフロアを周ったところ、色んなジャンルの専門的な本や雑誌、新聞があるが、小説や子ども向けの書籍はなさそうだ。
座席も100以上ありそうで、中には予約席もあったり、パソコンが使える席もある。
ただ、ここの図書・情報館は本を借りることができないので、時間がないサラリーマンは他の図書館で本を借りたほうがいいかもしれない。
その点、時間のあるセミリタイアの身としては、のんびり半日か1日過ごすにはいいところだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする