退職までのカウントダウン

スポンサーリンク

今日は退職願を出した後の話し。
9月下旬、前職場のKOさんからLINEが入る。
「元気か?」と。それだけ。
なんとなく、何か言いたげのようだったが、
「まあまあ」と、適当に返しておく。
すると、その数日後、今度は、
「10月にそっちはかなり変わると聞いたが?」
と、組織改編や人事異動のことを聞きたいようだった。
自分の人事異動は兼務が加わるだけで、既に社内ネットで内示されているので、そんなことを聞いてきた訳ではないはず。
ではあるが、ここは内示済みの異動のこと(今の職場に他から異動して来る人がいる)だけ伝える。
その一方、10月に入って人事担当者から連絡があり、引き継ぎに支障がなければ退職前の有休消化はOKとなり、10月25日を最終出社日にすることを認められた。
翌週には退職に向けた諸々の手続きの説明を受けることになる。
これで希望通りになった。

スポンサーリンク

「やめるって聞いたんですけど・・・」

ところが、その日の17時過ぎ、たまに飲みに行く職場のAYさんから、
「ちょっといいですか?」と呼ばれ、打ち合わせスペースへ。
AYさん:「噂を聞いたんですけど・・・」
この方は、以前からどこからともなく、人事情報を事前に聞きつけていることがあったので、その言葉を聞いて「知っているな」とすぐに思った。
自分:「だれから聞いたんですか?」
というと、LINEを寄越した前職場のKOさんだった。
自分:「退職のことですか?」
と、こちらからズバリ言った。
AYさん:「やっぱりそうですか」
あとは、退職日や最終出社日などこっそり伝える。
さらに翌日の17時過ぎ、前職場のANさんが現れる。自分が転勤してから会うのは初めてなので8年半ぶりではないか。
どうやら、自分のいる職場と関わりのある職場に10月に異動になって、早速出張で来たようだ。
大きくはないが、小さくもない声で自席の前で開口一番、
「やめるって聞いたんですけど・・・」と。
続く。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする