遂にリクルートカードの電子マネーチャージポイントも改定

スポンサーリンク

今日の15:10、恐れていたメールがリクルートカードから届いた。
遂にというかやはりというか、年会費無料のリクルートカードの電子マネーへのチャージポイントを改定するという内容。
その内容は、
2018年4月16日(月)より、電子マネーチャージ利用分については、合算で月間30,000円までがポイント加算対象となり、合算で30,001円以上分は対象外となる。
合算金額とは、それぞれの電子マネー毎ではなく、すべての電子マネーにチャージした合算の金額だ。
なお、4月15日以前のチャージ利用でも4月16日以降にカード会社に計上されたら上記の改定対象になる。

スポンサーリンク

対象となる電子マネーチャージ

月間の集計期間は毎月16日から翌月15日で、
対象となる電子マネーチャージは、
・JCBブランド
nanaco, モバイルSuica
・Mastercard(R)/Visaブランド
nanaco, 楽天Edy, モバイルSuica, SMART ICOCA
普段の買い物で月30,000円以上使うことはないが、問題となるのは税金や社会保障関連の支払いだ。
少し前に今年度残りの住民税の支払い通知がきたので、近々リクルートカードでチャージしたnanacoで支払う予定だ。
支払いは今月中にすればいいのだが、いつカード会社に計上されるかわからないのでチャージだけはすぐにしておこうと思う。
楽天カードやyahoo!カードに比べれば、まだ軽い改悪だが、また変更されるかもしれないので油断できない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする