セミリタイアに備えリクルートカードを作る

スポンサーリンク

年会費無料のクレジットカードで、現在国内最高の還元率1.2%を誇るリクルートカードを作った。
リクルートカードは楽天カードやYahoo!カードと同じように、カードの入会キャンペーンがあって、ほぼ1年中行われている。
入会キャンペーンでプレゼントされるポイントは時期により異なるが、最大で8,000ポイントのようだったので、その時期を狙って入会した。
ポイントは入会するとすぐに全てもらえる訳ではなく、新規入会で3,000ポイント、60日以内のカード利用で1,000ポイント、更に60日以内にカードでの携帯電話料金決済で4,000ポイントが順次もらえる。
ポイントは全て期間限定ポイントなので、忘れないよう気をつけないといけない。
プレゼントされるポイントが最大8,000ポイントで期間限定なのは、楽天カードやYahoo!カードも同じで、各社横並びだ。
ただ、カードを作るかなり前から、リクルートカードは還元率が1.2%と高く、入会キャンペーンがあることを知っていたが、作ろうとは思わなかった。

スポンサーリンク

リクルートカードを作らなかった理由と作った理由

というのも3つ問題があった。
1つ目は、入会キャンペーンでプレゼントされるポイントのうち、携帯電話料金の決済によるポイントがもらえないこと。
キャンペーンの対象となる携帯電話は、docomo、au、SoftBank、Y!mobileだけで、自分が契約しているMVNOは対象外だ。
2つ目は、入会キャンペーンでプレゼントされるポイントがリクルートポイントで、使えるところが「じゃらん」や「ポンパレ」、「HOT PEPPER」などで、自分にはほとんど使い道がなかったこと。
3つ目は、リクルートカードで貯まるポイントはPontaポイントに交換できるが、Pontaが使えるところも「GEO」や「ローソン」などで、こちらも自分には使い道がなかったこと。
ということで、リクルートカードを作ってもメリットがほとんどないと思っていた。
そんな中、以前のブログで書いたように楽天ポイントがサークルKサンクスのクーポンに使えることを知った。
ひょっとしたら、他のポイントでも同じようなことができるのでは?と思い調べてみると、Pontaポイントがローソンのおトクなクーポンに使えることがわかった。
それなら、入会キャンペーンがいまひとつでもリクルートカードを作るメリットがあると思い、今年になって作ることにした。
Pontaポイントが貯まったら、ローソンでおトクなクーポンを使ってみようと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする