「北海道自転車旅 道央編」10日目① 2015-8-16(日)

スポンサーリンク

石狩浜−南幌

今日は夕張まで行く予定です。出発する前に明日の夕張から千歳までの予定を考えます。飛行機は新千歳14:45発なので、1時間前の13:45ぐらいに着く必要があります。最終日なので、夕張の街を散策して電車で空港まで行こうと思いましたが、新千歳に13:45までに着くには朝8:30頃の電車に乗り新千歳に10:00にぐらいに着く電車しかありません。これだと夕張の街を見てまわる時間はなく、夕張まで行く意味がありません。夕張がダメなら今日は千歳まで行くしかありません。どうしたものかと考えながら、宿を出発することにします。

9:15 宿を出発。今日も朝は天気がいいです。朝の石狩灯台にもう一度行ってみる事にします。

9:20 石狩灯台に到着。朝なので散歩をしている地元の人ぐらいしかいません。朝の写真を撮っておきます。

9:30 石狩灯台を出発。地元の人が堤防上の道を自転車で走っています。駐車場の入口の少し手前に堤防上の道に上がっていける細い道を見つけます。堤防上の道をしばらく走りますが、すぐに道道225号線に合流します。左側に川沿いの道がありましたが、路面があまり良くなさそうに見えたので225号線で戻ることにします。コンビニを過ぎて道道508号線に左折します。

9:50 国道231号線に到着。231号線を渡ってそのまま道道508号線を直進します。生振運河の水門を過ぎたところで左手に堤防上の道へ上がっていける道があります。ですが、ゲートが閉められているので、もう少し508号線を進む事にします。道道508号線の交通量は多くありませんが、路肩が狭いので少し走りづらいです。508号線を走りながら、堤防上の道を見ていましたが、工事していたり通れなくなっているような所はありません。ゴルフ場を過ぎたところで再び堤防上に上がれる道があったので、ゲートの横から上がってみます。堤防上の道は幅が広く(2車線近くありそう)、路面も綺麗で、快適に走れます。走っている途中で石狩川側の草っぱらで乗馬をしている方も見かけます。しばらく走ると交通量の多い国道337号線が見えてきます。337号線手前の右手に馬が放牧されていて牧場のように見えます。どうやら乗馬クラブのようで先ほど見た乗馬している方もここから出発したようです。

石狩川堤防の道

石狩川堤防の道

10:25 国道337号線に合流、左折して石狩川にかかる札幌大橋を渡ります。札幌大橋は交通量が多いので歩道を進みます。橋を渡ると今度は道路工事をしていて路肩に柵があり走りづらいです。JR札沼線の高架橋を越えたところで国道を避けるため右折してカントリーロードに入ります。交通量は皆無になります。石狩川を渡ってしまったので、この後もう一度、石狩川を渡らないといけないです。地図で調べると、国道337号線の美原バイパスで石狩川を渡るしかなさそうです。そこまでにも石狩川の支流があるので橋があるところを選びつつ、できるだけ交通量皆無のカントリーロードを進みます。このあたりは、どこを走っても風景があまり変わらないこともあり、距離がながく、非常に遠く感じます。

スポンサーリンク

この旅、10回目の石狩川越え

11:10 国道275号線を渡り、東に進みます。しばらく走ると高架になっている美原バイパスが見えてきます。どこで美原バイパスに合流するか考えながら走ります。石狩川にかかる美原大橋の少し手前に美原バイパスへの入口があります。その入口から一旦、美原バイパスに入りますが、少し先に歩道が見えます。どうやら、もう少し先に美原バイパスの歩道に上がれる入口がありそうです。Uターンして一旦下りて、バイパスの側道のような道を進みます。すると予想通り、歩道に上がれる道を発見し、バイパスに入ります。バイパスの交通量は少ないですが、車は飛ばし気味で通過していきます。美原大橋からみた石狩川はずっと雨が続いているせいか濁っています。

川幅の広い石狩川を渡る

川幅の広い石狩川を渡る

11:50 美原大橋を渡りきり、国道12号線に到着。美原バイパスは高架橋で国道12号線を越えて行きますが、歩道は国道12号線に下ろされます。スマホで天気と雨雲を確認していると着信があったのに気づきます。郵便局からのようです。かけ直すと宅急便が届いているようでずっと留守にしていたので連絡したようです。明日の夜に再配達をお願いします。国道337号線に復帰して南幌に向かいます。337号線に入るとすぐに道央自動車道の江別東インターがあるので多少、大型車が増えます。インターを過ぎると交通量は減りますが、路肩があまり広くないので後ろから大型車が迫ってきた時は広くなっているところに止ってやり過ごします。田園地帯の直線道路を進みます。

12:30 南幌に到着。ここでしばらく休憩するため、Aコープなんぽろ店に向かいます。アイスを買って食べながら、これからの進路を考えます。南幌がちょうど夕張と千歳の分岐点です。朝、考えていたように夕張に行っても街を見てまわる時間がないので、今日は千歳に行って泊まることにします。すぐに千歳の宿は見つかり、予約していた夕張の宿には丁重にキャンセルの連絡をいれます。夕張には行ってみたいので今度訪れた際はキャンセルした宿に泊まろうと思います。次に天気と雨雲を確認すると札幌から支笏方面の山岳部でかなり強い雨が降っているようです。札幌方向の西の空を見ると黒い雲で覆われています。支笏湖に行かなくて正解でした。でも、あの黒い雲が南幌のある東の方向に流れてくるとまずいので長沼に向けて出発することにします。長沼にはこのまま国道337号線で行けますが、少しでも交通量の道を走りたいので道道1009号線と道道45号線で向かうことにします。

(10日目②へ続く)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


旅行記ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする