「北海道自転車旅 道央編」7日目② 2015-8-13(木)

スポンサーリンク

(7日目①の続きです)

美馬牛−美瑛−東神楽

9:15 瑠辺蘂の丘に到着。ここはその名の通り瑠辺蘂の中の丘にあるため、ほぼ360°見渡すことができます。今日は東側に雲が多く、しかも逆光のため、大雪山系や十勝岳連峰はほとんど見えませんが、西側の山々や畑が続く丘陵地帯、美瑛の町並みを見ることができます。天気や時間が良ければもっといい景色が見られそうです。まだ9時過ぎのせいかも知れませんが、私以外に人はいません。ここはパッチワークの路から離れていて観光コースにもなっていないため、訪れる人はあまりいないのかもしれません。

瑠辺蘂の丘からの風景

瑠辺蘂の丘からの風景

9:20 瑠辺蘂の丘を出発。元来た道を戻らずに、左折して丘を下りマイルドセブンの丘方向に進みます。坂を下りたところで振返ると、下から見る瑠辺蘂の丘や畑の丘陵地もまたいい風景です。丁字路を右折して道なりに細い舗装路を下って行きます。片側1車線の道路に出ると右折して北へ向かいます。しばらく緩い下り道を進み、標識のある丁字路に出ると美瑛市街方向に右折します。右折するとすぐに、なんとなく以前この道を走ったような感じがしてきます。多分8年前の始めて自転車旅でこの道を通ったのだと思います。あのときはGPSを持っていなかったのでログで確認することはできませんが。道路の横には美瑛川が流れています。美瑛川にかかる橋を渡るとマイルドセブンの丘に続く道との分岐までのぼり坂となります。橋を渡った後は勾配が10%ぐらいのキツめですが、その後は少し緩くなります。林を抜け左側に木が一列に並んだマイルドセブンの丘が見え始めます。分岐に到着し、マイルドセブンの丘には行かず北西の丘方向へ右折します。この辺りからガイドブックにも出ている観光名所が多いパッチワークの路なのでバイクツーリングの方が多くなります。北西の丘に向かう前に、その途中にある映画のロケ地に行くことにします。それは2ヶ月程前に公開された美瑛が舞台の「愛を積むひと」という映画です。まだパンフレットしか見ていませんが、ロケで使われた家の風景がきれいだったので寄ってみることにしました。場所は「スプウン谷のザワザワ村」の向かい側にあるようです。「あるうのぱいん」の横に来てもう一度地図を確かめます。ここを左折してすぐのようです。左折してしばらく走ると左手に駐車場の看板があり、すぐ先と少し先の2カ所に駐車場があるようです。すぐ先にあるほうに入ると荒い砂利の駐車場で1台も車は止まっていません。まだ公開されたばかりの映画なのであまり知られていないかも知れないと思いつつ、自転車を止めます。映画のロケに使われた家は駐車場からは全然見えませんが、ロケ地への順路の標識があったので、それに従って進みます。草むらを押し倒して造った遊歩道のような道を進みます。2,3分程歩くと家が見えてきました。

10:00 映画「愛を積むひと」のロケ地に到着。1組の家族連れが先に来ていました。ロケに使われた家はかなり特徴的で意外と小さいです。青空が映る窓と赤い屋根のあるこの木造の家は、空の青、白い雲、周りの緑といいコントラストを出しています。高台に立っているので、ここから見える美瑛の丘陵地帯の風景もきれいです。こんなところに住めたらいいなとも思いましたが、冬は吹きさらしの高台なので実際には大変でしょう。先に来ていた家族連れが帰って行きました。私が来た方向とは違う方向に歩いて行きましたので、私も帰りはその方向から戻ることにします。

「愛を積むひと」のロケ地より

愛を積むひと」のロケ地より

   

10:05 ロケ地を出発。家族連れが帰って行った道を進むと駐車場に出ました。自転車を止めたところよりは多少整備されていて、こちらがメインの駐車場のようです。ここから一般道を歩いて自転車のところまで戻ります。駐車場まで戻り、出発します。次は「北西の丘」に向かいます。この辺から丘巡り車、自転車、歩きの人が増えてきます。 自転車の人はレンタルのママチャリのようなのでアップダウンの丘巡りは大変そうです。

スポンサーリンク

パッチワークの丘を通過

10:30 「北西の丘展望公園」に到着。駐車場には大型の観光バスも止まっていてかなりの人出です。ここには一度来ており、たくさん人がいるので寄らずにパスすることにします。次に「ケンとメリーの木」に向かいます。

10:35 「ケンとメリーの木」に到着。ここも写真を撮る人で道路が占拠されています。この木は車のCMで有名になったのですが、そのCMは私がまだ小学生にもなっていない40年も前のことなので、そのことを知っている人はここにはあまりいないでしょう(中国系の人が多そうなので知らないでしょう)。ここも寄らずにくだりの急坂を下りて少し離れたところから写真を撮ります。少し離れたほうが木と周辺の景色全体が撮れ、人も目立たなくなるのでいいと思います。くだりの急坂を下りた後、この道は国道237号線の南側を並行して走り、緩い5%弱のアップダウンがあります。交通量はほとんどありません。このまま237号線の合流ポイントまで進みます。

丘の上の「ケンとメリー木」を望む

丘の上の「ケンとメリー木」を望む

10:55 国道237号線に合流、左折します。交通量が一気に増えますが、すぐに道道68号線へ左折して国道237号線上の高架を走ります。その後も旭川空港の手前まで5%弱程度ののばり坂が続き、途中からは4日前に逆向きに通った道になります。

11:15 旭川空港に到着、トイレ休憩します。この後は旭川の北にある比布(ぴっぷ)駅に向かいます。比布駅はこれもかなり古いですが、「ピップエレキバン」のCMで有名になったところです。比布駅の駅舎がこの夏に取り壊されると聞いたので壊される前に見に行くことにします。

11:25 旭川空港を出発。ますは東神楽に向かいます。道道68号線から稲荷神社前の交差点を左折せずに直進して4日前と違う道で東神楽に向かいます。直進すると少し緩いアップダウンはあるもののほぼ平坦な道を進み、道道294号線で左折して東神楽の中心街に入ります。

11:40 東神楽に到着。この街は2年前にも来ましたので見覚えがあります。セイコーマートでアイスを買い、休憩しながらこの後に進む道を地図を見ながら考えます。なるべく5日前と違う道を走りたいので途中まで道道37号線で進みますが、旭山の辺りから5日前と同じ道で道道140号線に出て射的山、当麻経由で比布に行くことにします。

(7日目③へ続く)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


旅行記ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする