「北海道自転車旅 道央編」4日目② 2015-8-10(月)

スポンサーリンク

(4日目①の続きです)

上富良野−中富良野

12:35 パノラマロード江花を出発。この道は高台にあるので富良野盆地を眺めながら走れるかもしれないと思い来てみましたが、盆地のある道路の左側はずっと林になっていてそういう場所は全然ありません。ですが、右手は畑が広がり、またこの1.5車線の道は大きなアップダウンもなく交通量も皆無なので快適に走れます。その後、片側1車線の道に合流し左折するとのぼり坂(5%強?)になりますが、間もなく左カーブの途中で下り坂に変わります。下りきると再び先ほどと同じような勾配ののぼり坂になります。のぼりきった後、森林公園と彩香の里方面へ右折し、またまたのぼり(5%強?)ます。しばらく走ると北星山の辺りに着くはずですが、ラベンダー園の上に出るにはとこかで左側に入らないといけないはずです。坂をのぼりきると管理棟と書かれた看板のところで左に入れる道があります。左折して先に進めるか様子を見に行くことにします。急坂をのぼり、左にある管理棟には行かずに真っすぐ林の中の下り坂を進んでいくと、人の声が聞こえてきます。道が左にカーブするところで林が開けて木々の間から人が見えます。どうやらラベンダー園の上にあるリフト乗場に出られそうです。リフト乗場への分岐のところに自転車を止めて、ラベンダー園に向かいます。

13:05 中富良野町営ラベンダー園に到着。ここには7年前の自転車旅でも来ましたが、7月の下旬だったのでもう少しラベンダーが咲いていて、下から眺めました。今回はラベンダーはやはりほとんど散っていますが、下のほうには赤や黄色の花が咲いています。眺めのほうは期待通り良く、中富良野の街と畑、JR富良野線を走る電車、遠くに十勝岳連峰が見えてなかなかの景色です。ラベンダーがほとんど散っているにもかかわらず、リフトでのぼってくる人も多いです。

中富良野町営ラベンダー園の頂上からの眺め

中富良野町営ラベンダー園の頂上からの眺め

13:15 町営ラベンダー園を出発、次に彩香の里に向かいます。北星山を下っていきます。

13:25 彩香の里に到着。ここも7年前に来ましたが、やはりラベンダーはほとんど散っています。ただここは四季彩の丘のように赤やオレンジ、黄色などの他の花(サルビアやマリーゴールド?)がたくさん植えてあってラベンダー以外でも楽しめます。一通り見てまわり、駐車場近くの売店の椅子に座ってアイスを食べていると風が強くなってきます。雨雲レーダーを確認すると、雨雲が近くまで接近しています。まだ14:00前ですが、今日の宿のある中富良野の街に向かうことにします。

彩香の里

彩香の里

13:55 彩香の里を出発。大きく左カーブしながら坂道をくだっていきます。最初の交差点で左折して町営ラベンダー園の下に出る道に入ります。少しのぼり坂(5%弱?)を進むと住宅街に入り、そのまま町営ラベンダー園まで行ってみることにします。

14:05 町営ラベンダー園に到着。山の斜面に赤い花で「なかふらの」と書かれているのが目に入ります。雨はまだ降っていませんが、今にも降り出しそうです。雨が降ってきたときに備えてやり過ごせる場所を探します。自転車を駐輪場に停めて歩いて探してみますが町営ラベンダー園には売店、トイレ以外に屋根のある雨宿りできそうなところが見当たりません。道を挟んだところに公園のような施設があるので行ってみます。公園には噴水やオブジェがあり、フラワーパークというところのようです。フラワーパークの前には管理棟が建っていて、その1階部分の半分が柱だけの屋外になっていてベンチと机が並んでいます。雨宿りするにはちょうどいいところです。するとパラパラと雨が降ってきました。すぐに町営ラベンダー園の駐輪場に戻り、自転車でフラワーパークに再度向かいます。

スポンサーリンク

予報通りのにわか雨

14:20 フラワーパークの管理棟に到着。自転車を雨のかぶらない、邪魔にならないところに止めておきます。雨が本降りになってきたので、ベンチに座って雨雲レーダーを確認するとしばらく雨が続きそうです。雨が強くなり、管理棟のベンチには始め私しかいませんでしたが、雨宿りする人でだんだん増えてきてほぼ満員になります。管理棟前の道路を雨でずぶ濡れになりながら自転車を漕いでいる人もいます。どうやらレンタル自転車でこの辺をまわっている中国系の観光客の方のようです。ここに雨宿りにやってくる人も中国系の観光客の方のようで日本人は私だけのようです。雨宿りの間、雨が上がった後の予定を考えます。雨が上がってもいつまた降り出すかわからないので、あまり遠くにはいかず、街の東側に広がる畑作地帯のカントリーロードを適用に走ることにします。

15:20 雨が上がり、フラワーパークを出発。一旦、今日泊まる宿の場所を確認して、道道705号線の1本北側のカントリーロードで南東方向に向かいます。1.5km程進んだところで右折します。再び1.5km程進んだところで右折して国道237号線方向に進みます。このまま国道237号線に進んでも宿に行くにはまだ時間があります。そこで富良野にあるワイン工場まで行ってみることにします。

16:05 道道759号線に到着。ワイン工場はここを左折した先にありますが、道道759号線は路肩がほとんどなく、バスやトラックがよく通っています。時間も16:00をまわっているのでワイン工場に着くのは16:30ぐらいになり、あまり見ている時間もなさそうです。ワイン工場に行くのは明日以降にして、宿に向かうことにします。

17:05 スーパーで買い物をして宿に到着。今日のお宿は7年前の自転車旅でもお世話になった「ふるさと旅館」です。中富良野駅に近く、スーパーやコンビニも近くにあります。部屋は4畳半の和室でお風呂とトイレは共同です。食事付きも可能ですが、ここは仕事で泊まる人がほとんどなので、観光客用のメニューではないと思います。自転車は宿の前に置くしかないようです。雨が心配なので宿の前にある屋根付きのバイクの展示場所?に無理矢理停めさせてもらいました。中富良野の町中ではここ以外に宿はなく、選択肢がないです。今日は早く切り上げたので、ウィスキーの北海道限定ガラナ割りで長い夜を過ごしたいと思います。

走行時間:3h40m44s 走行距離:50.61km
平均速度:13.7km/h 最高速度:39.1km/h

     

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


旅行記ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする