「北海道自転車旅 道央編」3日目② 2015-8-9(日)

スポンサーリンク

(3日目①の続きです)

就実の丘−美瑛−青い池

11:20 就実の丘から急坂を下りて行きます。両側の畑では農家の皆さんが農作業をしています。地図によると道道213号線方向へ右折できるポイントが2カ所あるようですが、多分広い道ではないと思うので、見逃さないように進みます。1カ所目のポイント辺りにはそれらしい道が見つからないので、2カ所目のポイント(陽明山の近く)に向かいます。2カ所目のポイントの少し手前で、この先の道がダートののぼり坂になっているのが見えます。どうもこの先に右折できそうな道はなさそうなので引き返すことにします。戻る途中、もう一度1カ所目のポイントを探しみると、両側を雑草に覆われた細い道があるのを見つけました。道は下り坂で少し先からは林の中を通っていて少し薄暗く見通しも悪そうです。本当にこの道で道道213号線に出られるのか少し怪しいです。しかもいかにも熊が出そうな道です。ここから道道213号線に出るのは断念して元来た道を戻ることにします。後で調べてわかったのですが、2カ所目のポイントの手前で、先の道がダートののぼり坂になっているのが見えて引き返したのですが、そこに右折できる道があったようで、少し離れていたので気づかなかったようです。急坂(7,8%)をのぼって就実の丘に戻ります。ライダーの方は既におらず、車1台が停まっています。

11:40 就実の丘を出発。再びジェットコースターのような道を走ります。元来た道を戻っている途中で美瑛に向かう道を調べます。このまま元来た道を道道68号線まで戻ると左折して国道237号線に出るしかないですが、国道は通りたくありません。地図をみるとJR富良野線を挟んだ東側に道道213号線に繋がる道があるのでこの道に出ることにします。この道にはいま走っている道をしばらく進み左折するとJR千代ケ岡駅の近くから出られるようです。千代ケ岡まで繋がっていそうな道を探しながらも、周りの風景を楽しみながら下り坂を気持ちよく下りて行きます。途中で左手に舗装路が続く道で左折してみます。この辺りは畑ではなく牧草地になっていて牧草ロールも積まれています。と風景を楽しんでいるとこの先の道がダートになっているため、引き返します。すぐに左折できる道があり進んでみるもすぐにまたダートに変わります。しかたなく、元来た道に戻ります。千代ケ岡に抜ける道はないかもしれないと少し諦めかけていると、少し先の交差点で右手から来た車が千代ケ岡方向の左の方へ通り過ぎて行きます。あの交差点を左折すると抜けられそうです。左折して千代ケ岡に向かいます。道の両側は牧草地が広がり見通しがいいです。下り坂に入ると千代ケ岡の集落が見えてきます。

千代ケ岡に向かう道中の風景

千代ケ岡に向かう道中の風景

12:10 千代ケ岡に到着。JR富良野線と畑の間の道を走ります。この道は一応舗装道路で平坦で、交通量皆無ですが、路面がガタガタです。締まったダート道を走っている感じです。パンクも怖いですし、腕と尻も痛くなります。国道に出ようかと思いますが、交通量が多そうなのでゆっくりこの道を進むことにします。しばらく我慢して走り、この道が富良野線から離れ左に大きくカーブしていくところで、国道237号線へ右折します。

スポンサーリンク

丘の街・美瑛へ

12:25 踏切を渡り、国道237号線に出ます。237号線に出て橋を渡るとすぐに美瑛に入ります。さっきまで走っていた道と正反対に交通量は一気に多くなりますが、路面はきれいです。路肩も少し幅があるので車に気をつけながら走ります。交通量が気になるようでしたら、右側に歩行者がほとんどいない歩道がありますので、ここを通ってもいいかもしれません。北美瑛橋を過ぎ、美瑛坂の途中で左折して道道213号線に入ります。ここで左折する車も多いので気をつけます。ここから美瑛の中心までは逆向きですが2年前に通っている道です。美瑛の中心方向に向かいますが、その前に北美瑛駅に行こうと思い、途中で反転します。

12:35 北美瑛駅に到着。駅舎はなく、ホームに小さい待合所があるだけです。ホームもすごく短いですが、富良野線の普通電車はせいぜい2両ぐらいだと思うので十分なのかも知れません。写真を撮ってすぐに出発し、美瑛の中心部に向かいます。のぼり坂(5%ぐらい)を進むと住宅街に入ります。住宅街をしばらく走ると気になっていた「民宿とまと」の建物が見えてきます。一度、冬に来たときに泊まったことがあり、料金が安く、宿の方の対応がよかったので非常にいい印象の民宿です。今回も泊まろうと考えていましたが、電話をしても応答がなく、美瑛観光協会のホームページからも消えていたので営業していないようです。民宿の前に来ると建物や看板は以前と変わらないままでした。スーパーで昼食を調達して美瑛駅に向かいます。

北美瑛駅のホーム

北美瑛駅のホーム

13:00 美瑛駅に到着。中国系の観光客が多いです。待合室で昼食を取りながら、次の目的地「青い池」の情報を調べます。青い池は道道966号線を白金温泉方面に進み、道道353号線の分岐を少し越えたところにあります。青い池の手前ではかなり渋滞するようで、その先の白金温泉に向かう車は手前で迂回路に入ることを勧めています。民家がほとんどなさそうなところなのに、道が渋滞する光景があまり想像できません。

13:25 美瑛駅を出発。すぐには道道966号線に出ずに町中の道を南東方向に進みます。美瑛東小学校の横から道道966号線に入ります。交通量は少なく、青い池の手前で渋滞するようにはとても思えません。ほぼ平坦か僅かにのぼっている直線路を進んで行きますが、交通量は変わらず少ないままです。道道824号線の分岐を過ぎると路肩が狭くなり、後ろからの車が気になります。両側の景色も畑から林に変わり、勾配も少しキツく(といっても2,3%ぐらい)なります。

14:30 美郷不動尊に到着。ここには湧き水の水汲み場があり、赤い小さな橋を渡ったところにあります 。大雪旭岳源水ほどではありませんが、地元の方が汲みに来ています。コップで1杯飲んでからペットボトルに湧き水を補給します。

(3日目③へ続く)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


旅行記ランキング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする