「山陰・隠岐の島と松江、出雲への自転車旅」8日目① 2016-5-7(土)

スポンサーリンク

出雲

今日は出雲大社と日御碕に行った後、県道23号線を日本海沿いに東へ進み、県道250号線から平田に出て、後は昨日通った道と違う道で出雲に戻る予定です。今晩もこちらのホテルに連泊することにしましたが、部屋はかわります。朝方、雨が残っていたので出発を遅らせます。

9:45 宿を出発。まず高瀬川沿いの自転車道を西に進みます。自転車道といっても一般道の歩道ですが、歩道と車道の間に高瀬川が流れていて、川と町並みを眺めながら走れます。途中、自転車道から国道431号線の1本東側の道を北に進みます。しばらく進むと右手に最初の目的地が現れます。

10:40 旧JR大社駅に到着。純和風の木造駅舎で外観も内部も昔の駅という感じがあっていいですね。ホームからみる駅舎もいいです。SLも止まっています。

旧JR大社駅

旧JR大社駅

11:05 旧JR大社駅を出発。この先すぐの出雲大社に向かいます。県道162号線に合流して大きな鳥居をくぐると道の両側はお土産屋さんや食事処が多くなり、観光客も一気に増えて混雑します。歩行者と車に注意して進み、自転車の置き場所を探します。国道431号線の少し手前で左側に駐車場があるようなので左折します。駐車場の端にバイクが止めてあったので、その横に自転車を止めます。普通の駐車場ですので鍵は厳重にしておいたほうがいいでしょう。歩いて出雲大社に向かいます。

11:15 出雲大社に到着。さすがにすごい人手です。正面の入口から中に入ります。出雲大社といえば大きなしめ縄ですが、拝殿と神楽殿にありました。拝殿、本殿、神楽殿、そして神無月(出雲では神在月)に出雲に集まった全国の神々が泊まる十九社などを一通り見てまわります。お参りするところがたくさんあって、少し驚きました。

スポンサーリンク

日御碕へ

11:55 出雲大社を出発。日御碕に向かいます。駐車場から県道161号線に出て最初の交差点を右折します。住宅街を抜けると海が見え、国道431号線に出て右折します。海沿いを進むと左手前方に弁天島が見えてきます。

12:10 弁天島前の稲佐の浜に到着し、写真を撮りながら少し休憩します。ここは出雲路自転車道の終点(起点)でもあります。

弁天島

弁天島

12:15 稲佐の浜を出発。ここから県道29号線で日御碕に向かいます。ここまで出雲市内を走ってきたのでほぼ平坦な道でしたが、ここからは日御碕までずっとのぼりになり、路肩も広くありません。勾配は急なところでも5%を越えるぐらい?なのでキツくはないと思います。交通量は連休中なのでいつもよりは多めだと思いますが、ひっきりなしに通ることはありません。景色がいいので、車に注意しながらゆっくり走るのがいいと思います。短いトンネルが3箇所ありますが、日御碕寄りの2つのトンネルの海側には旧道の迂回路があります。ただ、部分的に荒れているところがありますので注意してください。

12:35 県道23号線との分岐に到着。日御碕に行った後はこの県道23号線を通って平田方面に向かう予定です。分岐のところから県道23号線を見ると路肩に工事の看板があります。看板に近づくと、そこには鷺浦の集落の先が通行止めで迂回路として内陸の鷺峠までのぼって猪目まで下りてくるルートが書かれています。山中の林道のようですので走ってもあまり楽しい道とは思えません。県道23号線を走るのは諦めることにします。県道29号線に戻り、日御碕に向かいます。途中に展望所がありますので、ここで休憩するのもいいでしょう。

(8日目②へ続く)

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする