「幻の橋」が本当に幻になる?

スポンサーリンク

自転車旅で2007年に訪れ、2013年にも遠目から見た「タウシュベツ橋梁」が今年で見納めかもと報道されています。2007年に訪れた時の記事はこちらです。「タウシュベツ橋梁」は湖にかかる橋ですが、水位によって沈んでしまうため幻の橋と言われています。

橋は北海道・上士幌町北部、糠平湖にあり、旧国鉄士幌線の鉄道橋として使われていたようです。北海道遺産です。

橋は当然、人工物なのですが、古代遺跡を思わせるアーチ状の白く形の綺麗な橋です。大雪山国立公園にあるので周りは湖と深い森、大雪の山々があるだけで、民家はなく人工物は橋だけです。周りの雄大な自然と対照的な風景で本当に素晴らしいところです。

報道の写真と2007年に撮った写真を見比べると、橋全体はそう大きな変化はないように見えますが、橋上のところどころは確かに崩落が進んでいます。

報道によると、今年になって一気に悪くなったようで、地元の関係者では「橋上部のつながりが見れるのは今年が最後では」と言われているようです。

タウシュベツ橋梁2

2007年当時の「タウシュベツ橋梁」

スポンサーリンク

もう1度見に行こうかな

そんなニュースを聞いたので、今年の夏にまた行ってみようかと思い始めています。国道273号線にある展望台からは遠いので、見に行くなら2007年のように林道を4km歩いていって近くでみたいですね。自転車旅の記事で書いたように現在は林道の入口が施錠されているので鍵を借りないといけないようです。鍵を借りたり、往復8kmを歩かないといけませんが、その価値は間違いなくあります。

冬にスノーシューを履いて白銀の世界で橋を見るのも良さそうです。羆に出くわす心配も少なくなりますし(でも穴持たずの冬眠しない羆もいるのでやっぱり怖そうです)

幻の橋「タウシュベツ橋梁」、少しでも長く残ってほしいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする