’07 やまなみハイウェイから阿蘇、耶馬渓・国東半島へ 大分港〜筌の口温泉

スポンサーリンク

2日目 2007-9-29(土)

朝、眼が覚めて船の窓から外を眺めるとどんよりした天気で、予報通り天気は良くなさそうです。

6:20 大分港に到着し、船を降ります。雨がパラパラを降ってきたので、リュックにレインカバーをつけ、その上にレインスーツを括り付けて大分港を出発します。

大分港に到着

大分港に到着

まずは国道10号線で大分市街に向かいますが、途中で雨が本降りになってきたので屋根のあるマンションの入口を借りてレインスーツを着ます。国道10号線から国道210号線、国道442号線を経由して再び国道210号線に入ります。ここから湯布院の入口まで210号線を行きます。雨の中、大分川沿いの210号線を徐々に高度を上げながら淡々と進んで行きます。勾配は2,3%ぐらいでしょう。

湯布院の街の少し手前で雨が強くなったので奥江入口のバス停に逃げ込みます。しばらくすると雨が弱くなったので出発します。国道210号線から県道11号線に入り、湯布院の街に向かいます。雨が止みました。

10:40 湯布院の住宅街に入り、金鱗湖を目指して走ります。天気が良ければ由布岳が見えるはずですが、今日は全く見えません。

スポンサーリンク

金鱗湖へ

金鱗湖に到着。湖は小さく、湖というより池といった感じです。湖、沼、池の区別は水深で決まる?と聞いたことがあるので、金鱗湖は結構深いのでしょう。

小さかった「金鱗湖」

小さかった「金鱗湖」

金鱗湖から由布院駅方面に向かいます。通りの両側にお店や土産物店が増え、観光客も一気に増えます。あまり広くない通りなのでしばらく自転車を押すことにします。

由布院駅は木造の特徴的な駅で「ゆふいん驛」と書いてあります。駅前ではお馬さんが馬車を引いていますが、お馬さんはちょっとお疲れ気味な感じです。ここで用を足したらどうするのだろうとちょっと気になります。昼食を取ろうと思いましたが、人が多いのでやめることにします。ゆふいんは「由布院」と「湯布院」をどこで区別するのかという疑問を抱いたまま出発することにします。

県道216号線で水分峠に向かいます。ここから再びのぼり始めますが、勾配は5%もないぐらいだと思います。大分自動車道の高架を越えたところに食事処があったので、ここで昼食を取ることにします。「天望館」というお店で、店のお薦めと思われる「瓦そば 1,300円」を注文します。ボリュームもあってなかなか美味しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする