’07 やまなみハイウェイから阿蘇、耶馬渓・国東半島へ 〜大分港

スポンサーリンク

初日 2007-9-28()

初めて自転車旅をした夏の北海道は本当に楽しかったので、旅から帰ると秋に別の場所への自転車旅を計画しました。

ただ、秋の自転車旅で一番の問題は、ルイガノTR LITEでの輪行は面倒だと言うことです。

輪行しないとすると、旅先は自宅から自走できる範囲か、自転車を折畳まなくていいフェリーで行けるところになります。

そこで近くの港からフェリーで行けるところを調べて、九州の大分、熊本を9日間かけてまわることにしました。

今日は、旅の初日です。一昨日までの週間天気予報では最初の5日間まで雨のマークはなかったのですが、昨日になると一転、明日の天気が雨に変わっていました。

九州に上陸した初日から雨とはガッカリですが、天気ばっかりはどうしようもありません。

今日は、 自宅からフェリーターミナルまで自転車で行き、フェリーに乗るだけです。

先週、フェリーターミナルとその周辺を下見して、ターミナルの場所と自宅からの自走時間、ターミナルに近いコンビニを確認しておきました。

フェリーの出航時刻は夜の7時ですが、コンビニでの買い物時間と、車輌はフェリーの出航1時間ぐらい前から乗り込めると思うので、かなり早めに自宅を出ます。

予定通り、早めにフェリーターミナルに着きます。初めて自転車をフェリーに載せるので、チケットを買うときにどこで待っていたらいいか窓口で聞いておきます。

車が並んでいる先頭の横辺りにいたらいいようです。そこに行くとバイクも数台いたのでここで間違いなさそうです。

あとは、車の乗り込みを指示している人の指示を待ちます。

スポンサーリンク

いよいよ乗り込み

予想通り、出航の1時間前に乗り込みが始まりました。私もかなり早い段階で乗り込めました。ちなみにこの時、私以外で自転車の姿はありません。

部屋は2等のカーペット席ではなく、今回のフェリーで初めて1等個室にしました。料金は自転車の運賃を含めて13,720円と結構奮発してしまいました。

ただし、風呂はついておらず大浴場です。早めに乗り込めたので、混む前に早速お風呂に行きます。

車輌のないお客さんはまだ乗り込んでいませんが、お風呂に入っているとそれでもどんどんと混み合ってきます。

お風呂の後は大きな食堂で食事をとります。ビュッフェスタイルで適当に食べ物とお酒を持って禁煙席につきます。

禁煙席はかなり空いていましたが、通路を挟んだ喫煙席はもの凄い混みようです。長距離トラックの運転手さんが多いみたいで、タバコを吸う人が多いようです。

フェリーで買うものは値段が高いと相場は決まっているので、軽く呑んで食べて部屋に引き上げます。

部屋でコンビニで買ってきたビールとつまみを食べながら、初日の夜がふけっていきます。

フェリーの個室

フェリーの個室

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする