’07 幻の橋『タウシュベツ川橋梁』と富良野・美瑛の丘 帯広〜中富良野

スポンサーリンク

4日目 2007-8-1()

今日はまず帯広から富良野の布部まで輪行です。輪行の時、自転車の輪行バックをどこに置くかも自転車旅をするときの悩みの種です。今回、輪行に利用したのはローカル線を走るワンマンの普通電車、1両編成です。ワンマンはその名の通り、車掌はおらず運転手ひとりですべてをこなしています。

無人駅に停車すると、降りる乗客から切符をもらう役目もあるため、バスと同じように前降りとなります。ローカル線ですから停車駅のほとんどは無人駅(特にJR北海道は)のため、車輛の前部は常に人の移動があり、この付近に自転車を置いておくと邪魔になることが容易に想像できます。車輛によっては広いスペースがあるものもありますが、輪行バックは車輛の後部に置いておく事が無難と思います。ただし、無人駅に降りる場合、車輛の前方に行く必要がありますので、移動の際に他のお客さんに荷物もぶつけないよう気をつけましょう。

あと、ローカル線の1両編成といっても侮ってはいけません。本数も車輛も少ないため、その分、満員になることも少なくありません。

朝、重い輪行バックとリュックを担いで宿を徒歩で出発します。荷物の重さはあわせて20kgを超えていると思います。帯広駅までは徒歩10分ほどで、朝早いため涼しいのですが、駅に着く頃には汗だくとなりました。

スポンサーリンク

初の汽車輪行

輪行バックの置き場所を確保するため、少し早めに駅に着きました。乗車する汽車(電車ではない)は帯広始発の1両編成で出発時刻よりかなり早くホームに入っていました。車輛後部のデッキに輪行バックを置くことができました。

JR帯広駅

JR帯広駅

帯広を出発し、新得まではデッキに立って景色を楽しんでいましたが、近くの座席が空いていたので、新得から座って狩勝越えの鉄道旅を楽しみました。狩勝峠を越え、途中、映画「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台にもなった「幌舞駅(実際の駅名は幾寅駅)」にも停車します。今日は通過しますが、いずれここも訪れたいと思います。

昼前に布部に到着。ここも無人駅です。「北の国 此処に始る 倉本聰」という看板が駅前にあります。「北の国から」はここからスタートしたようですが、私は一度も見た事がないのでピンと来ません。

「北の国 此処に始る」

「北の国 此処に始る」

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする