’07 幻の橋『タウシュベツ川橋梁』と富良野・美瑛の丘 糠平〜帯広

スポンサーリンク

3日目 2007-7-31(火)

今日は、上士幌の西側にあるナイタイ高原にのぼり、道東有数の展望があるナイタイ高原牧場から十勝平野を眺めたいと思います。その後、十勝平野を縦断し、十勝牧場に寄って帯広まで戻る予定である。

今日は朝から天気がいいです。宿を出発して糠平湖に行ってみます。糠平温泉を出発すると、国道273号線はすぐにトンネル地帯に突入しますが、3つ目と4つ目のトンネルの間のところで、右手に上って行く分岐道があります。ここを上っていくと糠平湖に出れます。観光地ではありませんが、天気がいいこともあり、予想以上に景色がよく、人造湖とは思えませんでした。

糠平湖

糠平湖

糠平湖を発ち、昨日来た国道273号線を上士幌まで戻ります。昨日とは逆に大雪山国立公園を抜けるあたりから、雲が多くなってきます。上士幌の街からは道道806号線に入り、ナイタイ高原の入口に向かいます。806号線に入ったところで、何度かナイタイ高原までの距離の標識が出ますが、標識によって9kmだったり、13kmだったりとバラバラなのに気づきます。多分、ナイタイ高原入口までが9km、ナイタイ高原牧場までが13kmだと思い、あまり気にせずナイタイ高原の入口に向かいます。ナイタイ高原入口まではのぼりが続きますが、キツいところはありません(2,3%ぐらい)。問題は高原入口から先で、約4kmの完全な山登りの道となります。入口の標高が約435m、牧場のてっぺんが785mなので標高差は350m、距離が約4kmなので平均斜度は10%近くあり、かなりキツいです。

スポンサーリンク

ナイタイ高原に突入

当時はあまりそんなことを考えず、入口に到着すると躊躇なく高原道路に突入します。上っていくにつれ、これはかなりキツいぞと実感してきます。

そして霧というか雲の中に突入して、周りが全然見えなくなりました。途中、ネスカフェのCM撮影のために作られたツリーハウスを発見し、写真を撮っておきます。

このまま頂上に行っても何も見えないぞと思いながらも、話しのネタぐらいにはなるだろうと思って上って行きます。途中、車やバイクも通り、多分「こんな天気で何で自転車で上るの?」と思っていたことでしょう。私も何度も思いました。

途中でチェーンが外れたりしながらも、なんとか頂上のナイタイ高原牧場レストハウスに到着しました。あいかわらず、霧というか雲のなかです。視界は数十mで、雄大な十勝平野は全く見えないので、レストハウスを覗いたぐらいでそうそうに下りることにします。晴れた日の写真はナイタイ高原牧場のウェブサイトで確認してみてください。

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする