’16 島旅「強風の隠岐の島」と「出雲の国」 西ノ島

スポンサーリンク

3日目② 2016-5-2(月)

(3日目①の続きです)

10:20 魔天涯と通天橋の分岐に到着。魔天涯は315号線から右折してさらにどんどんのぼって行きます。勾配はきついところで10%ぐらいでしょうか。途中、テキサスゲートもあったり、たまに車が前後から来たりするので注意してのぼります。だんだんと風も強くなってきます。ようやく前方に駐車場が見えてきました。

10:45 魔天涯の駐車場に到着。木製の柵に自転車を立てかけて、魔天涯に向かいます。魔天涯は牧場になっているようで、駐車場から先は柵で囲まれており、入口にはドアがついてます。トイレも入口を入った牧場側にあります。入口を入り、しばらく直進したあと、左にカーブしながら進みます。

スポンサーリンク

いよいよ魔天涯へ

10:50 標高257mの魔天涯に到着。風が強烈で、特に頂上から少し下った「大山隠岐国立公園 魔天涯遊歩道」の看板付近は吹っ飛ばされそうな強風です。でも天気はよく眺めも最高、見た事のない絶景が広がっています。数100m下った先には馬が5〜6頭、 中には子馬の姿も見え、草を食んでいます。馬たちも絶景の一部になっています。風に飛ばされないようにしながら何枚も写真を撮ります。魔天涯から先は看板に書いてある通り、通天橋まで下れる遊歩道となっていて、計画ではこの遊歩道を歩く予定にしていましたが、風があまりに強いため躊躇します。そのとき、トレッキングスタイルの1組のカップルが遊歩道を降りて行き、しばらくして、また1組降りて行ったので私も下りてみることにします。振返ると、その後はどんどん人が下りてきます。皆さん躊躇していたようです。遊歩道を下りて、馬のいるところに着くと、風は頂上より少し弱くなっていました。人に慣れいるせいか、近くを通っても寝っ転がったままの馬もいます。遊歩道を更に進むと、道は狭くなり崖伝いの狭い道を下っていきます。途中、下った先の通天橋のほうを見ると、遠くに駐車場が見えます。どうやら通天橋の駐車場のようです。通天橋まではかなりの距離と高低差があり、行って戻ってくるには時間的にも体力的にも無理そうです。

魔天涯

魔天涯

11:05 遊歩道の散策はここまでとし、引き返すことにします。魔天涯頂上までの急斜面をなんとか上りきると風がまた強烈になってきます。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする