セミリタイアに向け国民年金を考える

スポンサーリンク

会社を退職してセミリタイアすると、これまでの厚生年金から国民年金に切り替えることになります。国民年金の納付額を調べましたので備忘録として書いておきたいと思います。

平成29年度(平成294月〜平成303)の保険料は、第1号被保険者で月額16,490円です。保険料は平成16年度の制度改正で、平成29年度まで毎年280円ずつ引き上げることになっています。平成30年度以降は月額16,900円で今のところ引き上げはないようです。が、引き上げられると考えておいたほうが無難でしょう。

保険料はまとめて前払いすると割引きが適用されます。

振替方法 1回当たりの納付額 割引額 2年分に換算した割引額
2年前納 378,320円 15,640円
1年前納 193,730円 4,150円 8,300円
6ヶ月前納 97,820円 1,120円 4,480円
当月末振替 16,440円 50円 1,200円
翌月末振替 16,490円 0円 0円
スポンサーリンク

付加年金

1号被保険者で定額の保険料に付加保険料月額400円をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。付加年金額は、200x付加保険料納付月数です。

付加保険料を納付すると納付期間に関係なく、2年で元が取れます。長生きすればするほど、納付期間が長いほどお得になっていきます。

1年納付:400×12=4,800円 ⇨ 年金額:200×12=2,400/

2年納付:400×24=9,600円 ⇨ 年金額:200×24=4,800/

10年納付:400×120=48,000円 ⇨ 年金額:200×120=24,000/

今日はここまでです。次回は年金の免除に続きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする