nanacoとyahoo!公金支払い 税金を払うにはどちらが有利?

スポンサーリンク

以前のブログで、税金や社会保障費の支払いに重宝するnanacoの入手方法を考えた。

今日は、税金や社会保障費の支払いができるnanacoyahoo!公金支払いとで、どちらが費用的に有利か調べてみた。

nanacoで支払う場合、クレジットカードでnanacoに電子マネーを予めチャージしておくが、このチャージ分がクレジットカードのポイントとして還元される。

yahoo!公金支払いもクレジットカードで支払うのでnanaco同様、ポイントが還元される。

しかし、yahoo!公金支払いには 「手数料」が発生する。その額をウェブサイトで調べた。

セミリタイア後の移住先は、住民税と固定資産税・都市計画税、NHK受信料の支払いにyahoo!公金支払いが使える。

手数料は、住民税と固定資産税・都市計画税の場合、税額5000円までは39円で、以降は5000円毎に39円ないし42円の手数料が加算されていく。

NHKの受信料だけは手数料無料。

退職翌年の住民税や、毎年払う固定資産税・都市計画税は高額なので、手数料は馬鹿にならない。退職翌年は1万円近くにもなる。

結果、言うまでもなく、nanacoでの支払いに決定。

スポンサーリンク

nanacoカード新規入会キャンペーンはあと2日

そのnanaconanacoカードの新規入会キャンペーンがセブンイレブンで86日まで実施中だ。

入会すると200ポイントプレゼント、更に初回1000円以上チャージすると100ポイントプレゼントされ、発行手数料300円が実質0円になる。

nanacoモバイルも813日まで、新規入会すると抽選で200人に2000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施されている。

nanacoモバイルは、相変わらず iphoneには対応していないので入会するつもりはない。

セブンイレブンでのnanacoカード入会キャンペーンは、前回がゴールデンウィークだったので、次のキャンペーンは秋までないかもしれない。

現在nanacoを使う予定はないが、今回のキャンペーンで1枚作っておこうと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイア ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする