’07 幻の橋『タウシュベツ川橋梁』と富良野・美瑛の丘 中富良野〜美瑛

スポンサーリンク

5日目 2007-8-2()

今日はこの旅始めての雨の予報。雨の日があるのも仕方がないとは思っていましたが、やはり自転車旅で雨が一番嫌ですね。しかも今日は楽しみにしていた美瑛の丘巡りの日だったので特に残念です。

朝、宿を出発する時、雨は降っていませんが、リュックにレインカバーを取り付けて、レインスーツをすぐ着れるようにリュックから出して走り始めます。まず国道237号線で上富良野に向かいます。上富良野市街の手前で道道299号線に入り、298号線、291号線で上富良野市街を経由して再び国道237号線に復帰します。国道237号線に復帰したところで小雨が降ってきます。たいした雨ではありませんが、ここから深山(みやま)峠へののぼりが始まり、途中で雨が強くなっても自転車を止めてレインスーツを着る場所がなさそうなので、ここで着ることにします。深山峠の勾配は5%もないぐらいでキツくはないですが、路肩が狭く、交通量もそこそこあるので走りづらいです。

深山峠を越え、くだり坂に入り、「ジェットコースターの路」の分岐を越えた右カーブの途中で右折して美馬牛の街に入ります。国道から美馬牛の街まで少しのぼり坂(5%ぐらい)になります。この頃には雨も止み、ここから美瑛のパノラマロードを巡って行きます。道は丘の街ですのでアップダウンの連続となります。

スポンサーリンク

美瑛パノラマロードへ

まずは「四季彩の丘」に向かいます。三角屋根の塔がある美馬牛小学校から「四季彩の丘」に向かう途中、丘の風景が広がります。「四季彩の丘」も、ラベンダーをはじめ、色とりどりの花が咲いていてとてもきれいです。

四季彩の丘

四季彩の丘

「四季彩の丘」から次の「拓真館」に向かう途中にも畑が広がる丘にポツンと赤屋根の小屋や木が1本あったりして、美瑛らしい風景が続きます。

ある丘の風景

ある丘の風景

「拓真館」に到着。ここは美瑛を一躍有名にした写真家前田真三のギャラリーです。あまり写真や絵を見る趣味はないのですが、ここに展示されている美瑛の風景写真はあまりにきれいで見入ってしまいます。ほしくなる写真もあり、一見の価値は十分あります。入館は無料ですのでお勧めです。写真を購入することもできますが、なかなかのお値段です。

「哲学の木」に到着。この木は地面の傾斜とは逆方向に少し傾いて畑の中にポツンと立っていて、物思いにふけっているように見えるため、そう呼ばれているようです。実際に見てみると確かにそんな感じがします。「哲学の木」は2016年になくなりましたので、現在はありません。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする