’07 やまなみハイウェイから阿蘇、耶馬渓・国東半島へ 九酔渓温泉–裏耶馬渓

スポンサーリンク

6日目 2007-10-3()

朝、眼が覚めてトイレに行くと、窓から間近に木々の生い茂った緑の山が見える。10月だけど紅葉はまだまだ先のよう。今日も天気は良さそうだ。

今日の行程は、まず九酔渓を北へ下ってから、国道を北西方向へ進み、深耶馬渓に向かう。

その後は耶馬渓からサイクリングロードを経由して今日の宿のある裏耶馬渓に向かう予定。渓ばかりなので山間の渓谷沿いを走ることになりそうで楽しめそうだ。

9:40 今日も遅めに宿を出発。九酔渓の九十九折の県道40号線を緑の山々を眺めながら、ゆっくり下りていく。

九酔渓の宿を出発

九酔渓の宿を出発

朝ということもあり、交通量は皆無。下り坂は国道210号線まで続く。

川沿いを下る

川沿いを下る

稲刈り近し

稲刈り近し

国道210号線に到着、左折する。交通量が気になっていたものの、ここも少ない。九重町の中心部を抜けると再び下り始める。

国道387号線の手前で予定通り、県道409号線に入り、住宅街の中を走る。しばらく走ると「竜門ノ滝」の標識が目に入る。

地図で調べると「竜門ノ滝」はここを右折して3km程先にあるみたいだが、少し遠回りでしかも上りなのが想像できたのでパスする。直進して県道678号線を進む。

11:25 豊後森駅に到着。このすぐ先の信号を右折して進むと県道28号線の少し手前まで国道387号線を通らずに行けそう。なるべく国道は避けたいので、この裏道を進む。

スポンサーリンク

深耶馬渓へ

国道387号線に合流するも、路肩があって特に問題なし。

すぐに県道28号線との分岐、左折して深耶馬渓に向かう。ここから緩い(3%ぐらい)上り坂が始める。

県道28号線をしばらく走ると左手のパーキングに展望台があるので登って見ることにする。ところが木々以外何も見えないので、早々に退散する。

何を目的にこの展望台を造ったのだろう?

短いトンネルのところでピークとなり、ここから上り坂より勾配の急(平均で5%ぐらいだろうか)な下り坂となる。進むにつれ勾配は徐々に緩くなっていく。

下り坂に入ると山肌や山の上に岩が見え始めた。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


自転車旅行記 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする