セミリタイア後の灯油代・・・想定より節約できそう

スポンサーリンク

年末から続くセミリタイア後の光熱費、今日は最終回の灯油代。
これは引越し前にはなかった費用だが、北海道に住むので当然、想定していた費用だ。
セミリタイア後のガス代でも書いたように、自宅マンションの既設暖房はプロパンガスだが、石油ストーブ(灯油ファンヒータ)に切り替えて使っている。
引越し前から灯油代が追加費用になることは想定していたが、額が読めなかった。
ネットで調べても家族持ちの実例が多く、一人暮らしの参考になるものがなかったので、11月から4月までの半年間の灯油代を大雑把に月1万円を見込んでいた。
灯油の相場もわからなかったので、ここここのサイトで平均価格を調べた。そして自宅に一番近いガソリンスタンドを覗くと、灯油は平均価格とほぼ同じだったのでここで購入することにした。
引越し直後の11月1日、近くのホーマックで18Lポリタンクを購入して、ガソリンスタンドに直行した。ちなみに18Lポリタンクの値段は税込750円程度で周辺の他店もほぼ同じだった。
さて、そのガソリンスタンド、出光系であったため、楽天ポイントを提示すれば、販売価格が1Lあたり−2円となり、平均価格より少し下がった。
さらに楽天ポイントも1L当たり0.5ポイント貯まり、楽天カードで支払えば、通常通り100円で1ポイントがプラスされた。
期間限定ポイントも使えるようなので、次回購入の際に消費しようと思う。

スポンサーリンク

実際の灯油代

灯油購入後の11月中旬あたりから真冬並みの寒さになったので、昼間を除き、ほぼ毎日、ストーブを使い始めた。
ただ、昼間のリビングは日が当たると外が氷点下でも20℃を超えるので、ストーブをあまり使っていない。
ストーブを使う朝晩などは、設定温度を17℃にしている。
そうやって過ごした11月中旬から1ヶ月間の灯油の消費量は、だいたい18Lポリタンク1個分で、12月中旬から今日現在も同じようなペースで消費している。
購入した灯油の税込単価は楽天カードの提示で11月1日が75円/L、その後じりじり値上がりし、12月中旬で83円/Lだった。
3月まで値上がりが続き、100円/Lになると想定すると18Lで1,800円になる。
11月中旬から12月いっぱいは真冬並みの寒さだったので、1〜2月頃の消費量もさほど変わらないだろう。
灯油代は多く見積もっても月1,800円ぐらいなので、引越し前に大雑把に見込んでいた月1万円より大きく節約できそうだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする